ポルシェが2020年に国内で電気自動車発売

会場の写真は全て筆者撮影/車両写真はポルシェジャパン公式写真

 ポルシェ ジャパン株式会社は2018年5月28日、渋谷のTRUNK(HOTEL)でポルシェ70周年記念記者会見を行った。この中で、ポルシェ ジャパン株式会社代表取締役社長・七五三木敏幸氏が、2020年から日本国内でポルシェ初の電気自動車「ミッションE」を発売することを決定した、と発表した。

画像

 ミッションEは2015年のフランクフルトモーターショーで発表されたポルシェ初の電気自動車で、現在開発の真っ只中にあるモデル。ミッションEは、4ドア、4セパレートシート、440kW(600ps)のシステム出力によって、0−100km/h加速タイムは3.5秒未満を実現しつつ、最大航続距離は500km以上というハイパフォーマンスEVである。

 現在、北米市場で人気の高いテスラ・モデルSの好調などもあり、2015年の発表当時はテスラ・イーターとも言われた1台。さらに2018年のジュネーブショーでは、その派生車でもあるSUVのコンセプトモデル「ミッションEクロスツーリスモ」も発表しており、これもその後に登場するだろう。ポルシェ ジャパンによれば、2020年より日本国内のポルシェ ジャパン正規販売店において販売開始するという。

画像

 またポルシェ ジャパンはポルシェ70周年記念記者会見の中で、2025年までに全モデルラインナップの50%をEVもしくはPHEVなどの電動車両にするという目標も合わせて発表した。併せて現在はアトランタ、ライプツィヒ、シルバーストーン、ル・マン、ロサンゼルス、上海にあるポルシェ・エクスペリエンスセンターを日本にも設置することを検討していると伝えた。

 そして今年は70周年を記念して、記念特別ウェブサイトを開設したことや、6/16−17で開催されるイベント、間もなく会場に展示された新型カイエンも登場することが案内された。そして今回の発表に合わせて、朝日新聞に総面積3.55平米にもおよぶ折り込み広告を展開し、これが発表の場でギネス認定されたのだった。

画像

 電気自動車に関しては、多くの自動車メーカーや輸入車インポーターが、まず中国市場や北米市場で2019年の発売を目指して開発を行なっている真っ只中である。そうした中にあって、輸入インポーターの中には2019年から先で日本市場へのEV投入を計画しているところが少なくないのが現状だ。

 しかしながら、輸入インポーターが導入を予定しているモデルは今回のミッションEも含め、ハイパフォーマンスなEVである点で共通している。それだけにこの点で気になるのは、インフラをどのように対応させていくか? である。ご存知のようにハイパフォーマンスで容量の大きな電池を搭載すればするほど、充電には時間を要すことになる。その意味で、ハイパフォーマンスEVは既に日本上陸を果たしているテスラのように、大容量の電池に急速で充電できる充電器が必要となってくる。

 テスラの場合は、スーパーチャージャーと呼ばれる独自の充電施設をホテルや観光地、アウトレットなどに設置しており、ここでテスラのみが使える充電施設として存在させている。なぜなら高速のSAやPAに設置される日本の急速充電では、同じ急速充電でも規格が異なるため、時間がかかってしまうからである。

画像

 

 その意味ではポルシェもまた、ミッションEのためにどのようなインフラを整えるのかにも注目が集まるといえる。ディーラー等には当然専用の短時間で大容量が充電可能な充電器を設置するだろうが、一般家庭やその他の場所で日本ではどんな対応をしていくかに注目だ。

 EVの場合は、その性能の高さに驚かされることが多いが、実際の生活の中でこれを使っていこうと考えた時にはむしろ、クルマそのものの性能以上に、充電インフラに関する施策が重要になってくるのである。