【動画】高速はクルマまかせ!? スバルのアイサイト・ツーリングアシスト登場

スバルは同社の運転支援システムである「アイサイト」に、新たに「ツーリングアシスト」という新機能を搭載した。

このツーリングアシストは、高速道路の渋滞時を含む全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動制御して、運転 負荷を大幅に軽減する機能。特に高速道路の渋滞時などでは、ドライバーがハンドルに手を添えているだけで、ほぼ自動運転といえるレベルの運転支援を行なってくれる。

ツーリングアシストは、「アイサイト」がこれまでも採用していた「車線中央維持」の作動領域を従来の60km/h 以上から「0km/h 以上」へと拡大すると同時に、先行車そのものを捕捉して追従する「先行車追従操舵」を追加した。そしてこれらを従来からの全車速域追従機能付クルーズコントロールと組み合 わせることによって、高速道路でのアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動制御して、ドライバーをアシストする。 SUBARU独自のステレオカメラによる区画線と先行車の 2 つの認識情報を併用することによって、リアルワールドの幅 広いシーンに対応する安定した動作を実現して、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減する内容となっている。

またこれに併せてアイサイトの制御もよりきめ細やかに進化。例えば先行車に追従して走行している際、先行車が減速すると自車も減速するが、先行車が再加速した場合、自車が再加速するまでにはタイムラグがあった。しかし最新のモデルでは、レスポンスを向上してこうしたタイムラグをなくすなどしている。また車線の認識等のレスポンスも向上しており、より素早く車線や車両を捕捉することで精度を高めている。

動画ではアイサイト・ツーリングアシストの実際の作動の様子を体感しているので是非チェックしていただきたい。

また併せてこの日のプレゼンで語られた、スバルのアイサイトの進化の歴史もアーカイブとして動画で残しておくので、ご興味のある方はチェックいただきたい。