フォード日本撤退も、ディーラー事業は当面の間通常営業

フォードは本日付けのリリースとして、昨日報道にあった日本からの事業撤退についての回答を行なった。

リリースによると、フォード・モーター・カンパニーからのステートメントは既報の通りであり、日本からの撤退は事実となる。

しかしながら、フォード・ディーラーでの事業については当面の間通常通り継続されるとのこと。また、フォード・ジャパンの事業撤退後もアフターサービス、部品交換、保証サポートは提供されるとのこと。

以下、参考までにフォード・モーター・カンパニーからのステートメントを翻訳したものがリリースに添付されていたので掲載する。

<参考翻訳>

2016年1月26日

報道関係者各位

フォードは、特に市場環境から競争力を維持できない地域において、売上成長または収益性確保が見込めない事業からは積極的に撤退する方針を進めております。

様々な可能性を検討しましたが、日本における事業には今後収益性確保に向けた合理的な道筋が立たず、また我々の投資に対して十分なリターンは見込めないと判断いたしました。従って、2016年末までに日本におけるすべての事業より撤退し、経営資源を他の市場へ集中させていきます。

この決定は下されたばかりですが、現在弊社より直接、社員、各フォード販売会社に向けて通達しております。今後、弊社といたしましては、社員ならびにパートナーである販売会社に十分な配慮を傾け、移行にむけてご支援していくことに注力してまいります。また、フォード車を所有されているお客様には弊社よりご連絡し、撤退後も引き継き、アフターサービス、部品交換、保証サポートを提供してまいる旨をご説明してまいります。

フォード・アジア・パシフィック

コミュニケーション担当ヴァイス・プレジデント

カレン・ハンプトン