マツダ、ロータリーエンジン継続を示唆するスポーツカーを発表。

マツダは10月28日、東京モーターショーのプレスカンファレンスにおいて、現在研究中とされる新世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載したスポーツカーのコンセプトモデルである「RX-VISION」を発表した。

マツダ株式会社代表取締役社長兼CEOである小飼雅道氏はスピーチの中で、ロータリーエンジンについて「まだまだ技術的な課題はあるが、飽くなき挑戦の精神開発を進めていく」と語り、「このような夢を描きながら構造改革を進めてきた。今後の夢の実現のために、さらに強固なビジネス基盤を確立し、構造改革の質をさらに高めていく」と将来を示唆した。このスポーツカーとロータリーエンジンについてはそれ以上言及はしなかったが、関係者によれば「今回の発表で社内でも火がついた」という。

今後のマツダのロータリーエンジン搭載スポーツカーに期待したい。