[Jリーグ百年物語]植木繁晴、新監督に就任――湘南ベルマーレ(62)

1996年シーズン後半、監督交代に踏み切ったベルマーレ。植木新監督の下、巻き返しを図るが、チーム立て直しは容易には進まず……。

この記事は有料です。
誰がパスをつなぐのかのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

誰がパスをつなぐのかのバックナンバー2019年7月サンプル記事

川端康生

価格

330(記事1本)

2019年7月号の有料記事一覧
  • [Jリーグ百年物語]植木繁晴、新監督に就任――湘南ベルマーレ(62)

すべて見る

日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    加藤初さん(元巨人)が亡くなって3年 晩年の韓国での指導者生活の日々を偲ぶ 室井昌也12/11(水) 11:30
  2. 2
    硬骨の男が幕を下ろすとき。サガン鳥栖、谷口博之のサッカー人生 小宮良之12/11(水) 12:00
  3. 3
    投手の契約最高額を1日で塗り替え、コールが9年3億2400万ドルでヤンキースへ 宇根夏樹12/11(水) 16:26
  4. 4
    「ピカソの絵は美しい。だが、ゴッホも美しい」 イタリアの名将の言葉に見るサッカーの美 中村大晃12/11(水) 16:44
  5. 5
    トヨタ、来年発売を予定しているスポーツモデルの動画を公開! 国沢光宏12/11(水) 20:26
  6. 6
    ヤンキースとLA2球団に「ミステリー・チーム」も加わり、史上初の「3億ドル投手」誕生も 宇根夏樹12/11(水) 10:48
  7. 7
    1億ドル以上の大型契約を「2度」も手にした選手たち。ストラスバーグは8人目 宇根夏樹12/10(火) 16:48
  8. 8
    韓国代表はホーム開催のサッカー東アジアE-1選手権で“1勝”もしたことがない? 金明昱12/10(火) 7:00
  9. 9
    日本国籍取得のライアン・ロシター「今はブレックスのことだけにフォーカスしている」 青木崇12/10(火) 12:42
  10. 10
    ストラスバーグが得た7年2億4500万ドルの契約は、FAビッグ3の残る2人にも影響!? 宇根夏樹12/10(火) 11:16