平舘、盛岡第一、一関第二。強豪相手に好ゲーム――高校野球・岩手大会

 勝ったのは花巻東、一関学院、黒沢尻工と並べれば、「強豪校の順当な勝利」にみえるかもしれない。しかし、岩手大会・3回戦、県営球場で行われた3試合はいずれも緊迫感のある好ゲームだった。平舘、盛岡第一、一関第二が素晴らしい戦いを見せてくれたからだ。

平舘の真っ向勝負

 曇り空の下で始まった第1試合、初回に花巻東が1点を先制。4回、5回、6回にも追加点を加え、リードは4点に広がる。

 だが、それでもゲームはまったく弛緩しなかった。第1シードの花巻東がリードはしていたものの、内容的には互角の競り合いが展開されていたからだ。

 しかも劣勢が予想された平舘が奇策を繰り出したわけではない。真っ向勝負。正面から優勝候補と組み合っていた。

 その象徴がマウンドの高橋投手。右の本格派。かわすのではなく、力で立ち向かう。犠飛や内野ゴロ(いわゆるボテボテ)で失点したものの、4点目を失った時点でも打たれたヒットは4本だけ。ケレンミのないピッチングで花巻東打線と渡り合った。

 そんなエースの全力投球を先頭に、チームも委縮することなく、伸びやかに挑み続けた。

 初回、6回、8回、得点機はあった。あと1本が打てなかった。それが両者の差。そして勝者と敗者が分かれた、と言ってしまえば、それまでだ。

 でも花巻東を相手に、自分たちの野球をやって、しっかり競り合うことができた。それだけ練習を積み重ね、それだけの実力をつけたからこそ、そんな戦いをすることができた。

 悔いのない終わり、に僕には見えた。

盛岡第一の伝統

 第2試合が始まる頃には、青空が広がっていた。この試合では、シード校の一関学院ではなく、盛岡第一が先制した。初回、先頭の畠山が快打で出塁。ボークとバントで進めたランナーを、キャプテンの千葉がライトへの犠飛で返した。

 得点経過を辿れば2回、4回、6回に一関学院が加点して逆転。バントを絡めた攻撃はさすが強豪校。洗練されていた。そして8回には坂本がレフトのホームランでダメ押し。やはりチーム力を感じさせる試合運びだった。

 だが、地力という点では盛岡第一も負けていなかった。とにかく守備がいい。初回、3塁を狙うランナーを刺したリレープレーに始まり、難しいプレーを当たり前のようにこなして、ピンチを防いだ。

 特にショートの畠山。グラブさばきも、身のこなしも絶品で、打球が飛ぶたびに惚れ惚れするほどだった。

 7回にはセンター福田がストライク返球で本塁封殺。この時点ではまだ2対3。試合の流れはむしろ盛岡第一に傾きかけていた。しかし、リリーフに立った一関学院の佐藤投手に堰き止められ、直後に坂本に一発を浴びて、2対4で敗れた。

 それでもゲームセットの後には、清々しさのみならず、懐かしささえ残る試合だった。

 9回最後の攻撃、2アウトから2本のヒットを連ねた。ベンチから身を乗り出して声を張り上げる選手たち。その頭上、スタンドから降り注ぐ同級生たちの声援。そんな一塁側のすべてに息づく伝統(のようなもの)を感じたからだ。

 バンカラな応援スタイルも含めて、強く印象に残るチームだった。

一関第二の打撃力

 第3試合は打撃戦になった。

 初戦でシード校の専大北上を破った黒沢尻工は、高校通算36本塁打の石塚を筆頭に長距離砲が並ぶ猛打のチーム。しかし、そんな相手に一関第二が打ち合いを演じてみせたのだ。しかも、がっぷり四つ。負けていなかった。

 初回いきなり先制すると、2回も高橋の長打で2点を追加し、相手の先発を引きずり下ろす。さらに2番手から山形がセンター前へ打ち返し、あっという間に6対0。スタンドの高校野球ファンを驚かせる攻撃力だった(実は初戦も19対0で勝っている)。

 もちろん黒沢尻工も黙ってはいない。2回、3回に1点ずつ返し、4回、畠山のライトオーバーなどで一挙3点。1点差に迫った。

 勝敗の分かれ目はこの後だったと思う。中盤、チャンスはむしろ一関第二にあった。だが、攻撃も走塁もやや粗かった。運もなかったかもしれない。送球がわずかでも乱れていれば、相手の野手がもう少し大きく弾いていれば……。しかし、そんな運を引き寄せられるかどうも、ディテールで決まる。

 そして逃した運は、相手に巡るのだ。7回、暴投で同点。グローブに収まりかけた大飛球がこぼれ落ち、逆転。雨が降り始めていた。マウンドの土が重くなり、スパイクにひっかかりやすくなっていたかもしれない。濡れたボールがキャッチを難しくしたかもしれない。

 しかし、勝負は非情だ。6対0から始まったスコアボードは7対9に。惜しいゲームを落とすことになった。

 勝てたかもしれない、という悔しさがもしかしたら残ったかもしれない。だが「バッティングは水物」なんて表現もあるが、一関第二の打撃力は本物。そう証明するような戦いぶりだった。

 9回、山形、千葉がレフト、ライトに連ねた快打。バットを振り続けた日々と、掌のマメが見えるようなスイングだった。

岩手の夏は続く

 曇り空の下で始まった一日だった。それが第2試合では夏の日差しが照りつける暑さになり、最後は雨(途中で中断もあった)のゲームになった。

 どの試合も見応えのある好勝負だった。平舘、盛岡第一、一関第二の素晴らしい戦いがそれを実現した。高校野球の魅力が詰まった3試合だった。

 勝った花巻東、一関学院、黒沢尻工。どこも楽に勝てたわけではない。その捉え方はそれぞれだろう。だが、次の戦いはすぐにやってくる。4回戦は19日。

 甲子園まであと4勝。岩手の夏が続く。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額330円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    愛妻を亡くしながらも息子の騎手デビューを前に懸命に立ち直ろうとする元騎手の話 平松さとし2/19(水) 6:30
  2. 2
    日本人メジャーリーガーの背番号は、前田健太と菊池雄星も背負う「18」が歴代最多。「4」は秋山翔吾が初 宇根夏樹2/19(水) 8:57
  3. 3
    続編 NBA選手が射殺されて間もなく10年…… 林壮一2/19(水) 0:01
  4. 4
    早くも韓国女子ゴルファーたちの競争が激化…東京五輪に最も近いのは誰か 慎武宏2/19(水) 7:16
  5. 5
    大物と抱き合わせて「契約が残るベテラン」を放出したのに、今度は別の「契約が残るベテラン」を獲得!? 宇根夏樹2/19(水) 17:22
  6. 6
    「飛ばないボール」で本塁打42%減の韓国 東京オリンピック4番候補の対策とは? 室井昌也2/19(水) 11:28
  7. 7
    男子バレー日本代表登録27人を発表。石川祐希「覚悟を持って、最高のパフォーマンスを」 田中夕子2/19(水) 18:43
  8. 8
    プロゴルフ界も「産休」「育休」の時代!?マタニティ、パタニティで出場資格を1年先延ばし! 舩越園子2/19(水) 15:22
  9. 9
    新型コロナウイルスでも東京オリンピック・パラリンピックは開催できるのか。ジカ熱とリオ大会から。 谷口輝世子2/18(火) 7:19
  10. 10
    サイン盗み問題に納得できていない選手たちを更に憤慨させたコミッショナーの問題発言とは 菊地慶剛2/19(水) 12:05