八戸学院光星、青森を席巻! 2年ぶり9回目の甲子園へ――100回記念大会・青森

八戸学院光星、2年ぶり9回目の甲子園!(著者撮影)

 圧倒的な強さだった。初戦から準決勝まですべてコールド勝ち。この決勝戦でも6点を挙げ、5試合で実に46得点と爆発的な攻撃力で青森大会を制した。

 弘前学院聖愛も終盤追い上げをみせたが、4対6まで。あと一歩届かなかった。八戸学院光星は2年ぶり9回目の夏の甲子園に挑む。

粘りを見せた聖愛

 まずは敗れた弘前学院聖愛について。

 初回、先頭の鈴木が、初球をライト前へ叩いて塁に出た。プレーボール直後の無死1塁。しかし、このランナーを進められなかった。これが痛かった。

 もちろん2番・成田はバントの構えから入った。ところが八戸学院光星の福山投手の制球が乱れていた。2ボールになった。かえってバントがやりにくくなった。

 結果、ヒッティングに切り換え、ショートゴロ(いい当たりだったが)でダブルプレー。最初のチャンスを広げることができなかった。

 その後は福山投手が復調。打線は沈黙した。2回以降、三者凡退が続き、次のヒットが出るのは5回である。

 この2本目のヒットが蝦名のホームランで、1点を返すことはできたが、6回、7回は再び三者凡退。つまり初回の無死1塁は千載一遇の好機だったのだ。試合の流れを引き寄せるチャンスでもあった。生かせなかったのは本当に痛かった。

 それでも聖愛は粘った。1対6と敗色濃厚な状況で迎えた8回。田崎の右中間2塁打を足がかりに、四球、バントを絡めて、1死2、3塁。ようやくつかんだチャンスに見事な集中力を発揮する。

 9番・五十嵐がセンター前、1番・鈴木がライト前と2本のタイムリーを連打。さらに成田がセンター前ヒットでつなぎ、3番・葛西のレフト犠飛で一挙3点を奪ったのだ。

 さらに2死2、3塁と一打同点の場面。打席には4番・倉本。スタンドの熱気も一気に高まった。

 残念ながら、八戸学院光星の2番手・中村の渾身の速球に三振に倒れたが、そのままの勢いで相手の攻撃を三者凡退に切って取ったあたり。はるか夢球場に詰めかけた高校野球ファンを唸らせるパフォーマンスだった。

 決勝戦らしい白熱した好ゲームだった。

 試合後のスタンドではそんな言葉があちこちで聞かれた。弘前学院聖愛の健闘があったからこそである。1回途中からマウンドに立ち、強力打線に立ち向かい続けた長久保投手の力投も含めて、準優勝にふさわしいチームだった。

青森を席巻した

 優勝した八戸学院光星。

 この試合でも、下山の本塁打を含め、二桁の10安打を放った。これでこの大会を通じて(5試合)放ったヒットは59本。挙げた得点は46点である。青森大会を席巻する圧倒的な打力だった。

 しかし準決勝でもそうだったが、豪打だけのチームではない。

 2点を奪った初回、放ったヒットは2本だった。2回もヒット2本で1点。5回はヒット1本で得点を挙げている。

塁に出たランナーをバントや進塁打で確実にホームベースに近づけていく。そして得点の可能性を少しでも高める。そんな合理的な戦い方である。

 そんなふうにして点差を広げていき、相手のエネルギーをそぎ、その末にドカンと一発……。

 得点の獲り方のうまいチーム、そして勝ち方を知っているチーム。

 猛打のインパクトが強烈だが、実はそれこそが八戸学院光星の本質だと思う。圧倒的な攻撃力は、(本塁打だけでなく)そんなディテールも含めた総合力によって形作られているのだ。

目標は全国制覇

 総合力という意味では、八戸学院光星は守備も素晴らしかった。

 大会を通じて「E」のランプがともったのは1回だけ。得点を獲るのがうまいチームは、無用な失点を与えないチームでもあった。

 この試合でもノーエラー。そればかりか難しいバウンドを難なくグラブに収める二遊間、次の塁を与えない外野手の守り、それにカットプレーの精度など目を見張る守備がいくつもあった。

 そんな守備力を備えているからこそ、相手に付け込まれることなく、完勝の連続で大会を制することができた。

 さて2年ぶり9回目となる甲子園。

 2年前は2回戦敗退。しかし個人的な印象では2011年、2012年の再現は十分あり得ると思う。東日本の数県を見てきただけだが、チーム力は間違いなくトップクラス。攻守走の総合的な力に加えて、やはり打線の破壊力は魅力に映った。

 もちろん全国の猛者が集う甲子園。そして勝ち抜き戦である以上、勝敗には時の運も絡む。

 それでも――優勝インタビューでキャプテンの長南が力強く言っていた。

「全国制覇を目標に、どこにも負けない練習をやってきた」

 太田幸司の一投から始まった青森の夏。舞台はその先へ、県民の悲願に挑む甲子園へ。楽しみである。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額324円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    最後もやはり履正社と星稜の対決!  夏の甲子園決勝へ 森本栄浩8/21(水) 1:54
  2. 2
    レジェンド朴セリの目に映る女子ゴルフ最前線「大事なのは夢と情熱とリスペクト」 慎武宏8/21(水) 11:35
  3. 3
    コウチーニョがバイエルンに移籍。 バルサの「第三のFW」をめぐる混沌を経て輝きを取り戻す旅路へ。 森田泰史8/21(水) 6:11
  4. 4
    日本プロ野球で1球団に200勝投手が2人揃ったのは…。MLBのアストロズには現在2人 宇根夏樹8/21(水) 9:35
  5. 5
    渋野日向子への過熱報道でマネジメント会社が帰郷時の取材自粛を各メディアに通達。その背景とは 金明昱8/19(月) 12:21
  6. 6
    ネット甲子園 第13日 中京学院大中京・森昌彦コーチが説く投手に大切な球種とは 楊順行8/20(火) 19:05
  7. 7
    「日本女子ツアーでプレーする韓国人は確実に減っていく」 イ・ボミら韓国選手の勢いがなくなったワケ 金明昱5/13(月) 11:45
  8. 8
    ラグビー日本代表 新ジャージを作った71歳の名工 若林朋子8/21(水) 6:00
  9. 9
    先頭打者本塁打の球団記録を更新したスプリンガー そこで知っておきたいMLBの先頭打者本塁打記録雑学 菊地慶剛8/21(水) 13:33
  10. 10
    サムスン途中入団のライブリー 2度目の登板で12K完封初勝利<韓国KBOリーグ> 室井昌也8/20(火) 22:39