八戸学院光星、猛打爆発。青森山田下して決勝へ。22日、聖愛と――100回記念大会・青森

圧倒的な攻撃力

 ハンパない破壊力だった。

 1回・但井、2回・武岡、3回・再び武岡と初回から3イニング連続でホームラン。ここまでで早くも10得点を挙げ、6回にも長南がライトスタンドに打ち込み、ついに15点目。コールド勝ちに持ち込んだ。

 しかもバッティングの中身が見事だった。

 但井はインコースのボールに肘をうまくたたんでレフトへ運び、武岡は鋭く叩いてライナーでのスタンドイン。そして最後、長南の一発は打った瞬間それとわかる完璧な本塁打。ホームランに限ったことではない。八戸学院光星の打者はことごとくミートがうまく、なおかつ遠くに飛ばせる技術とパワーを持っていた。

 ここまでの勝ち上がり――2回戦・8対1八戸工(7回コールド)、3回戦・7対0五所川原(7回コールド)、準々決勝・10対0大間(6回コールド)がうなずける攻撃力だった。

 その上、バントまでうまいのだから相手はたまったものではない。

 初回、出塁した先頭・近藤を2塁に進めた武岡の送りバント、2回、その武岡のホームランを導くチャンスを作った近藤の3塁線へのバント、4回、相手エラーで得点を加えることになる秋山のバント……。

 豪快なバッティングに目を奪われがちだが、その手前には的確で確実な仕掛けがあった。それをできるスキルを備えていたからこその大量15点だった。

青森山田の地力を感じた

 八戸学院光星が15点もとりながら(3回時点ですでに10点)、試合が7回まで続いたのは青森山田だったからだ。本塁打を連発され、次々と投手を繰り出しても、また加点され……という絶望的な試合展開にもかかわらず、それでも青森山田は追いすがった。

 情緒的な話ではない。昨今流行りの「最後まで諦めない」というフレーズは美しいが、諦めようが諦めまいが、実力以上のプレーはできない。

 すでに6点差だった3回表、堀田、赤平、白鳥と3連打で満塁とし、佐々木が放ったライト線への快打。7点差の5回、やはりこつこつと溜めたランナーを迎え入れた上崎のセンター前への痛打。

 そのたびに緩みかけていたバックネット裏の空気は引き締まった。まだわからない……。青森山田の底知れない力を感じたからだ。

 そんなふうに思わせる地力を青森山田が備えていたから、だから追いすがることができた。

決勝は22日、聖愛と

決勝は22日、はるか夢球場(著者撮影)
決勝は22日、はるか夢球場(著者撮影)

 第2試合は、1点を争うゲームとなった。最後はエラーが絡んだ決勝点で、聖愛が弘前工を下した(2対1)。

 聖愛にとっては準々決勝・弘前東戦の延長12回に続く接戦。僅差のゲームをものにしての決勝進出である。

 言うまでもなくコールド勝ちを連ねてきた八戸学院光星とは好対照。このあたりが決勝戦のポイントとなる可能性はある。

 もちろん、ここまでの戦いからみて八戸学院光星が圧倒的に優位と言わざるを得ない。打撃力のみならず、投手力、守備力、ウィークポイントは見当たらない。

 それでも、これが高校野球であり、次の試合が決勝戦である以上、何が起こるかは――。

 100回記念青森大会、最後の一戦は、22日、はるか夢球場で行われる。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額324円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

<クリエイター×動画>で、あなたの明日にワクワクを

  1. 1
    ウォルバーハンプトン監督「中島? 知らない選手だ」。在英記者が見る、中島翔哉・プレミア移籍報道 田嶋コウスケ12/11(火) 11:00
  2. 2
    ”超人”と極めて”優れた人間” 〜WBA、WBO世界ライト級王座統一戦 ロマチェンコがペドラザを撃破 杉浦大介12/11(火) 16:00
  3. 3
    ヤクルトが元侍Jの秋吉らを放出。オフの交換トレードは2011年以来、複数交換は11年ぶり 菊田康彦12/11(火) 13:00
  4. 4
    ガンバ大阪初のタイ人選手の誕生となるか? 18歳のセンターフォワードの動向に注目。 高村美砂12/11(火) 15:56
  5. 5
    マリナーズで“内野手兼投手”の二刀流に挑戦することになった大谷翔平元同僚の実力は? 菊地慶剛12/11(火) 11:06
  6. 6
    【男子新体操】個人総合チャンピオンを凌いだ2強の頂上決戦の熾烈~第71回全日本新体操選手権 椎名桂子12/11(火) 13:25
  7. 7
    究極のファンサービス! 敵チームスタッフにかかわらずレブロン・ジェームスがみせた心配り 菊地慶剛12/10(月) 17:24
  8. 8
    ヤンキース球団社長がトランプ政権入り? 米TV局が次期首席補佐官候補の1人と報道 菊地慶剛12/11(火) 13:32
  9. 9
    米国の大学で起こったスポーツブラ問題 谷口輝世子11/16(金) 11:11
  10. 10
    世界バレーで起きた「韓国女子バレー大惨事」。唯一の希望となった美女選手パク・ジョンアとは? 慎武宏10/7(日) 17:03