仙台育英、7回コールドで“復帰初戦”飾る――100回記念大会・宮城

連覇に向けてまず一勝。見据える視線の先はーー(著者撮影)

序盤で勝負を決めた

 始まりは1回裏、先頭・熊谷の快音から。右中間への鋭い打球が相手ライトのグラブを弾いて外野を転々。中継プレーの乱れにも乗じて、熊谷はあっという間にダイヤモンドを一周。電光石火の先取点だった。

 先制攻撃は続く。2番・鈴木がレフトオーバーの3塁打、3番・斎藤がセンター前へタイムリー、4番・小濃がセンター前、5番・小関はセカンドゴロに倒れたが、6番・田中が再びセンター前へタイムリー。ここまでで5安打3点。

 さらにこの後は7番・澤田がセーフティバント、8番・我妻がスクイズときっちりとした野球も披露。連打と小技で初回に4点を奪い、ゲームの流れをつかんだ。

 一方、先発した田中投手も、登板した3回まで“完全試合”。打者9人から7三振を奪うピッチングで、気仙沼向洋を3人ずつで片づけた。この間、打線も2回、3回と追加点を加え、早くも6対0の大量リード。

“復帰初戦”という難しい試合だったが、序盤で勝負を決めた仙台育英は、結局、7回コールドで快勝。ノーシードから戦う「夏」を順調に滑り出した。

ステディな戦いぶり

 プレーボール時点では、石巻市民球場に若干の緊張感が漂っていた。半年間の出場停止。実戦形式の部内試合を繰り返してきたというが、昨秋以来、公式戦を戦えていない。宮城の、というより「東北の雄」の初戦に、不安と期待が入り混じった視線が注がれるのは当然だった。

 しかし、そんな緊張感は初回で弛緩する。熊谷から始まった先制攻撃、田中の三振ショー。やっぱり仙台育英。初回が終わったところで、スタンドはすでにそんなムードで包まれた。

 しかも、力でねじ伏せる勝ち方ではなかった。スローボールも織り交ぜながら何とかかわそうとした気仙沼向洋・千葉投手のボールをしっかり叩く。初回(セーフティバントを除く)5本のヒットはいずれもセンター方向。その後もコンパクトに鋭く振るバッティングが続いた。

 加えて7回コールドで勝った試合だが、バントが6つ。8点のうち3点はスクイズでとった。この先の戦いを見据えての采配だと思うが、大勝にもかかわらず、(走塁も含めて)チームには緩みらしきものも見られなかった。

 高校野球ファンに安堵が広がったのもうなずける勝ち方だった。

連覇まであと5勝

 あえて言うなら、投手陣にはさらに上積みがほしい気はした。

 先発の田中投手は一人のランナーも出さないパーフェクトピッチングだったが、腕の振りほどボールが来ていないように見えた。力を込めれば込めるほど、高めにうわずっていたのも気になった。

 2番手、3番手で登板した大山、小関も同様。すでに勝敗の行方が決した後だったとはいえ、相手が違えばつけ込まれる危険性があった。

 また打線も選手が次々交代した後半は千葉投手を打ちあぐねた。やや迫力不足…とはいえ、そこは緩急に加え、内外角に投げ分けた巧投を誉めるべきかもしれない。

 いずれにしても、この勝利で大会の流れにうまく乗れたはず。特別な意識から解放されて、あとは培ってきた実力を存分に発揮するのみ。

 ノーシードから戦う仙台育英の夏。連覇まではあと5試合――。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額324円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える