不甲斐なさを爆発させたグルージャ盛岡。大分トリニータとドロー。

怒声と罵声からゲームは始まった

開始11分、怒声と罵声が響いた。

なんでだよっ! 何やってんだよっ!

ピッチの中と、スタンドの上から、ほとんど同時に。

GKとDFが交錯。やらずもがなの先制点を与えてしまったからだ。

やるせなさの発露。不甲斐なさへの苛立ちと、立ち向かおうとする意志の衝突。

グルージャ盛岡の現在地を象徴するシーンだった。

ここまで12戦してわずかに1勝。最下位。しかも相手の大分トリニータは、地元記者からみても「3年前はJ1にいたチームだからね。やっぱり……」。格上である。

開始早々に1点を“プレゼント”していいはずはなかったのだ。

だが、グルージャはひるまなかった。

前へ。相手にプレッシャー。絡みつく。奪い……取れない。だが、再び絡みついて、もつれて、倒れて、起き上って。

「苛立ち」の強さが、「意志」をより固くしたような、そんな闘いぶりを見せ始めたのだ。

「ひどい試合」が原動力

伏線は前節にあったようだ。

神川監督が何度も言った。「前節お恥ずかしいゲームをしてしまって」「前節ひどい試合だったので」「その思いだけで、この1週間やってきた」「出てなかった選手までとばっちりで怒られて」「この試合では走ってる姿しか見せないくらいの気持ちで」

前節、福島ユナイテッドに1対3で完敗した「恥ずかしくて」「ひどい」試合が、このゲームの原動力になって、選手たちを衝き動かしていたのである。

怒声と罵声の失点から始まった試合ではあった。しかし、グルージャはそれからの30数分を無失点で乗り切り、それどころか少しずつモメンタムを手繰り寄せて、風下の前半を終える。そして、引き揚げたロッカールームではGK土井が「みんなの前で『すまん』と……」。

このときチームはすでに蘇生していた。まだ1勝しかしてない。最下位。あげくに不用意な失点で、3年前までJ1の相手に0対1。明らかに逆境である。

それでも蘇生したチームにおいて、逆境はエネルギーに転化する。不甲斐なさが闘争心として発散されたように、苛立ちが強ければ強いほど、一人一人の意志も固く結ばれる。

豪快なミドルシュート

後半3分、右サイドから縦へグラウンダー、ワンタッチ、そのまま縦へ。鈴木が右足を振り切ったとき、まずどよめき、次の瞬間、歓声に変わった。

ゴール。それも豪快でビューティフルな。1対1。追いついた。グルージャの前へのベクトルが力強くなる。背中からの風が勢いに加速をつける。

左サイド。後半から登場した井上が小気味よくドリブル。立て続けにコーナーキック。グルージャの攻勢は続いた。

前半1本だけだったシュートが、1、2、3……終わってみれば8本を数えた。同点弾の鈴木は、その後も右サイドを長躯攻め上がり、やはり何度もスタンドをどよめかせた。

コーナーキックにいたっては後半だけで6本。

勝利に近かったのはグルージャだった。

しかし、歓声が響いたのは、豪快でビューティフルなあの一発だけ。1対1のまま長いホイッスルが鳴った。タイムアップ。

だからスタンドからは溜息が漏れた。残念。そして、だからこそ拍手が起きた。残念、でも納得。

厳しく、厳しく、厳しく

試合後、神川監督。

「お恥ずかしくて、ひどいゲームを取り返すのは、やっぱりゲームしかない。今日はサポーターから拍手をしてもらえた。少なくとも『もう1回見てやろうかな』と思ってもらえる試合はできたのではないか」

リバウンドメンタリティが、この日のグルージャを活性化した。不甲斐なさが闘争心に火をつけ、選手たちをボールとゴールへと駆り立てた。それが見応えのあるゲームを実現できた背景だった。

しかし、もちろんそんなモチベーションが長続きするわけではない。安心すれば再び意識は薄れるし、そのあげくに不甲斐なさに馴れてしまえば、再浮上はもはや困難になる。あとは自己追認しながらの安住と退屈の日々に陥ってしまう。

だから、長き教育者だった神川監督は、こう付け加えた。「(3年前までJ1の)大分相手のドローに選手は自信を持つのでは?」という質問への答えだ。

「自信ですか……自信を持つのを邪魔する気はありませんが、僕としては自信というより、より厳しく、厳しく、厳しく。このクラブの選手は浮つくところもありますし。評価は次の試合をぜひ見てください。とにかく歩みを止めてはいけないと思っています」

サポーターへの、地元メディアへの、そして何より選手へのメッセージである。

大分のJ2復帰は

一方、トリニータ。

「連勝してて今日も勝ち点3を獲るつもりだったが、1で終わってしまった。盛岡の攻勢に受けに回ってしまった。盛岡の勝ちたい気持ちが伝わってくるようなゲームだったと思う」と片野坂監督が相手を讃えた通りのゲームではあったが、個々のスキルには明らかに力量差があった。

一人一人を見れば、「元J1」「前J2」の名残りは確かに感じられていたのだ。

それを結果に結びつけられなかったのは、スマートさに欠けたからだ。

グルージャの捨身とも言えるプレッシャーをいなして、かわして、あるいは受けて、反転して……。そんな相手の“必死さ”を逆手にとるような戦い方は、まったく見られなかった。

その意味では、この試合のトリニータからは“格上感”らしきものが、残念ながらほとんど漂ってこなかった。

もっと表面的なことを言えば、前半、後ろからつなぐグルージャの弱いパス(著しくパススピードが遅かった)をひっかけて何度も作ったチャンス。あれを決めていれば、相手を蘇生させることはなく、勝ち点3を持ち帰ることもできたはずだ。

目下3位。J2復帰のためには、早目に実力を発揮して抜け出さないと、そんな気がした。

終盤戦までもつれると、思いの外、苦しむことになるかもしれない。

スポーツ立県、岩手

それにしてもサッカーが見やすいスタジアムだった。スタンドの反応もビビッドで、岩手が「サッカーどころ」だと再確認しながらの観戦だった。

盛岡商業や遠野高校があって、東北リーグ(1部)にはガンジュ岩手や盛岡ゼブラ、富士クラブがある。県内各地にはグランドやトレーニング施設が点在し、県協会のフットボールセンターまである。

そういえば、今秋には「希望郷・いわて国体」も行なわれる。その準備の意味合いもあるのだろうが、岩手県も盛岡市もサッカーだけでなく、あらゆる競技の施設作りに精力的に取り組んでいる。

もちろん、その施策は2019年にラグビーワールドカップが開催される釜石をはじめとした、沿岸部の被災地にも及ぶ。

とにかく岩手と盛岡は、いま「スポーツ」にとても熱心なのだ。

付け加えるならば、そんなふうにスポーツを「する」環境が充実していくのと並行して、「見る」「応援する」対象として期待を集めているのがグルージャ盛岡ということになる。

盛岡の、岩手のシンボルとして、地域のスポーツを牽引する存在に――それがグルージャのミッションでもあるのだ。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額324円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    イ・ボミのインスタにもパシャリ!米国で話題の18歳美女、ノ・イエリミが日本ツアー初参戦。どんな選手? 金明昱9/20(金) 7:00
  2. 2
    ソフトバンク2軍がウエスタン優勝!雨天中止決定の珍事のワケとは? 田尻耕太郎9/20(金) 13:40
  3. 3
    三ツ沢にマツ魂を響かせる、中村俊輔と松井大輔の新相棒。 二宮寿朗9/20(金) 13:30
  4. 4
    「あの美女は誰?」女子バレーボール韓国代表の双子姉妹は何者か 慎武宏9/19(木) 7:07
  5. 5
    レアル・マドリーで解決策を探すジダン。負傷者続出に、中盤の人材不足という課題。 森田泰史9/20(金) 6:12
  6. 6
    W杯開幕! この4年間で8強経験国に2勝9敗1分けのジャパンは「ベスト8」に到達できるのか? 永田洋光9/20(金) 9:37
  7. 7
    【カワジうぉっち特別企画】「みんなで選ぶE-1日本代表」メンバー発表 河治良幸9/20(金) 12:47
  8. 8
    なでしこリーグ首位の浦和を支える「水を運ぶ選手」。新たなポジションで引き出されるDF佐々木繭の可能性 松原渓9/20(金) 7:00
  9. 9
    武術・格闘技版オリンピックで日本勢がメダルを量産したのは意外なあの競技 藤村幸代9/20(金) 8:55
  10. 10
    新キャプテンに指名されたチーム最年長37歳のアイラ・ブラウンが大阪エヴェッサの意識改革に挑む 菊地慶剛9/20(金) 15:46