勝川俊雄

東京海洋大学 准教授、 海の幸を未来に残す会 理事
昭和47年、東京都出身。東京大学農学部水産学科卒業後、東京大学海洋研究所の修士課程に進学し、水産資源管理の研究を始める。東京大学海洋研究所に助手・助教、三重大学准教授を経て、現職。専門は水産資源学。主な著作は、漁業という日本の問題(NTT出版)、日本の魚は大丈夫か(NHK出版)など。

記事一覧

1~16/16件 年月で絞り込む

2017年

2016年

前へ

  • 1

次へ

1~16/16件