東京 消えた秋晴れ

関東地方はこの一週間、雲に覆われたまま(著者作成)

 10月の空がすっきりしない。東京の日照時間は平年の7割程度と少なく、今月後半にかけて、くもりや雨の日が多くなりそうだ。

晴れない東京

 季節の変わり目は天気がぐずつきやすい。夏から秋にかけては秋雨シーズン、関東地方は秋雨前線や台風の影響で、一年で最も雨が多い時期です。

 しかし、10月半ばになると秋雨も終わり、高気圧に覆われて秋晴れが多くなります。先の東京オリンピックはこのときを見計らって開催されました。

 11月は晴れても風が冷たくなるため、10月の今が年内最後の過ごしやすいときなのですが、今年は様子が違います。度重なる台風被害と夏を思わせる暑さが続き、心地よい秋晴れは少ないように感じています。実際、東京ではこの10日間(10日8日~17日)の日照時間が約30時間と平年の7割程度に留まっています。

2017年も雨多く

 そういえば、以前も秋晴れが少ないと言われたことを思い出し、それを確かめようと、東京の10月の晴れ日数(日照率40%以上の日)をグラフにしてみました。日照計が回転式となった1987年以降です。

【東京】10月の晴れ日数(日照率40%以上の日、1987年~2018年、著者作成)
【東京】10月の晴れ日数(日照率40%以上の日、1987年~2018年、著者作成)

 

 近年、晴れの日が少なかったのは2017年、2010年、1994年、1991年です(★で示した年)。2017年は今年と同じように台風の影響が大きく、全国的にみても雨が多くて、晴れない10月でした。秋の観光シーズンも湿りがちで、水族館など屋内施設が人気だったようです。

秋晴れが少なくなる?

 いつになったら晴れるのでしょう。東京の週間予報をみても、晴れの日が少ない印象です。

東京の週間予報(気象庁、10月18日午前11時発表)
東京の週間予報(気象庁、10月18日午前11時発表)
向こう1か月の地上気圧予測図(気象庁ホームページより)
向こう1か月の地上気圧予測図(気象庁ホームページより)

 今月後半にかけても、高気圧は北日本を中心に張り出し、西・東日本は湿った空気の影響を受けやすい見通しです。東京からみると、高気圧が北にあるため「北高型の気圧配置」と呼ばれ、天気がぐずつきやすいです。

 1994年10月も北高型となり、秋晴れはこの30年あまりで最も少なくなりました。

 夏の終わりが長引き、そして急に寒くなるような極端な季節変化が多くなると、ますます心地よい秋晴れが少なくなるような気がします。

【参考資料】

気象庁ホームページ:向こう2週間・1か月の予測資料