台風17号 広範囲で強風に

台風17号の進路予想図(9月20日午後3時現在、ウェザーマップ作画)

 9月の台風は足が速く、昔から「韋駄天台風」と呼ばれる。広範囲で強い風が吹くのが特徴で、台風から離れた場所でも警戒が必要だ。

日本列島を南から北へ駆け抜ける

 大型の台風17号は20日(金)午後3時現在、沖縄の南海上をゆっくりとした速さで北西に進んでいます。台風は21日(土)に沖縄に近づいたあと、少しずつ速度を上げて東シナ海を北上するでしょう。22日(日)には九州に近づき、23日(月)は日本海を進む見通しです。

広範囲で強風に

 9月になると、日本の上空を強い西風が吹くようになり、台風はこの強い西風に乗って、速度を速めて北上します。昔から足の速い台風を「韋駄天(いだてん)台風」と呼び、広い範囲で強い風が吹くことが特徴です。

 過去、台風が日本海を通ったときの速度を調べてみたところ(9月中・下旬)、平均で時速50キロから60キロでした。台風は場所や季節によって、速度が変わり、沖縄付近で時速15キロから20キロ、本州付近で時速30キロから40キロです。先日の台風15号は関東地方を時速25キロで移動しました。

 台風の強い風に加えて、移動速度も加わるため、台風の中心に近いところだけでなく、離れた場所でも風が強まります。こちらは23日午後の風の予想(上空約1,500メートル)を見たものです。

風の強さを予想した図(9月23日午後3時、上空約1,500メートル付近、ウェザーマップ作画)
風の強さを予想した図(9月23日午後3時、上空約1,500メートル付近、ウェザーマップ作画)

 日本海にある台風の周辺はもちろんのこと、台風から離れた太平洋側(青点線)でも風が強く吹くでしょう。

 さらに、北日本でも風が非常に強く吹くおそれがあります。とくに秋田県、青森県、岩手県、北海道は警戒が必要です。

水温が高いと衰えない?

 台風は日本海で温帯低気圧に変わる予想です。しかし、台風から低気圧に変わっても、発達した雨雲が消えるわけでもなく、強い風が急に収まることもありません。低気圧は台風と比べて広い範囲で風が強く、低気圧に変わっても風への警戒は続くでしょう。

 さらにもうひとつ気がかりなことがあります。日本海の海面水温が高いのです。

 海面水温は日本海の中央まで25度くらいあり、平年と比べるとかなり高いことがわかります。

日本海の日別海面水温図(9月19日 左図:海面水温、右図:平年差、気象庁ホームページより)
日本海の日別海面水温図(9月19日 左図:海面水温、右図:平年差、気象庁ホームページより)

 台風の強さは海の暖かさで決まるため、台風が弱まらずに北海道に近づく、より発達した雨雲がかかる可能性もあります。過去、日本海を進んだ台風は各地に被害をもたらしました。さまざまな状況を考えて、早めの備えが必要です。

【参考資料】

気象庁:千葉県及び伊豆諸島における気象の見通しについて~台風第17号や前線による気象の見通し~、2019年9月20日

気象庁ホームページ:日別海面水温

デジタル台風