エルニーニョ/ラニーニャ発生なし 冬の天候予想は難しい?

この冬にかけてもエルニーニョ/ラニーニャ発生なし(著者作成)

 この冬にかけてもエルニーニョ/ラニーニャ現象は発生せず、平常な状態が続く。しかし、平常の冬となるとは限らない。過去には気温のアップダウンが大きい傾向も。

日米豪ともに平常状態を予測

 気象庁は10日、定例のエルニーニョ監視速報を発表しました。8月のエルニーニョ監視海域の海面水温は基準値を0.2度下回り、エルニーニョ/ラニーニャ現象ともに発生していない、平常の状態です。エルニーニョ現象はこの春に終息しました。

 この冬にかけても、エルニーニョ/ラニーニャ現象ともに発生しない、平常の状態が続く可能性が60%となっています。そのほか、オーストラリア気象庁も来年初めにかけて、米海洋大気庁(NOAA)は来春まで、平常の状態が続く見通しを示しています。

予測に不確実性も  

 こちらはエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差を来年3月まで予測したものです。

エルニーニョ/ラニーニャ現象の予測(気象庁予測より、図は著者作成)
エルニーニョ/ラニーニャ現象の予測(気象庁予測より、図は著者作成)

 アンサンブル平均(ブルー)をみると、12月にかけて基準値をやや下回り、その後は基準値付近となる見通しです。しかし、予測の最高(オレンジ)/最低(グレー)の幅は大きく広がっていて、もしも予測が高く推移したら、再びエルニーニョ現象の発生に近づく。一方、予測が低く推移した場合はラニーニャ現象の発生もありえる。平常の状態が続く可能性は必ずしも高くない印象を持ちました。

エルニーニョ/ラニーニャの影響は3割程度

 あまり先の話をすると鬼が笑いそうですが、つい冬のことを考えてしまいます。この夏は7月の天候不順(低温・日照不足)、8月の猛暑と天気が大きく変わりました。当初、エルニーニョ現象は夏まで続く予測だったのですが、一足早く春に終息し、夏への影響がわかりにくくなってしまった。冷夏から猛暑へ、ダイナミックな気温の変化をしっかりと予想できたのか、考えるべき点が多いと感じています。

 長期にわたる予想はエルニーニョ/ラニーニャ現象に頼る部分が大きく、平常の状態というのは予想の決め手に欠けます。もちろん、天候のすべてがエルニーニョ/ラニーニャ現象で決まるわけではなく、その影響は3割程度とされています。残りは偏西風の蛇行や西太平洋、インド洋などの熱帯域、最近では海氷の減少が著しい北極海に着目する研究もあります。

予想が難しい冬に?

 オリンピックイヤーとなる2020年冬はどんな天気になるのでしょう。エルニーニョ現象が春に終息した年は今年を除いて6年あります。そのうちの半分が冬にかけて平常の状態が続きました。この冬を考える上で参考になるのか、調べてみました。

エルニーニョ現象が春に終息し、翌冬にかけて平常の状態が続いた年の冬の気温を調べたもの(著者作成)
エルニーニョ現象が春に終息し、翌冬にかけて平常の状態が続いた年の冬の気温を調べたもの(著者作成)

 事例が3件と少ないため、はっきりとしたことは言えません。共通したことは暖かい12月だったことくらいでしょうか。1月、2月は寒い年もあれば、暖かい年もあって、気温の変化が大きい印象を受けました。昔に比べると暖かい冬が多くなったせいか、気温が少しでも平年を下回ると寒さを強く感じます。

 エルニーニョ/ラニーニャ現象が発生せず、平常な状態が続くからといって、平常の冬となるとは限らない。予測の難しさを感じるとともに、取り組みがいを感じます。

【参考資料】

気象庁:エルニーニョ監視速報No.324、2019年9月10日

気象庁:Tokyo Climate Center、El Nino Monitoring and Outlook

米海洋大気庁(NOAA): NINO/SOUTHERN OSCILLATION (ENSO) DIAGNOSTIC DISCUSSION、12 September 2019

オーストラリア気象庁:ENSO Wrap-Up、3 September 2019