台風とエルニーニョ

雲の様子に夏の気配(5月10日正午、気象衛星ひまわり8号の雲画像、著者加工)

 エルニーニョ現象の影響で、4月は沖縄・奄美で気温が高くなった。さらに、この2か月あまり台風が発生していない。過去には台風が半年以上、発生しなかった年があり、エルニーニョ/ラニーニャ現象が関係していた可能性がある。

雲に夏の気配

 10日(金)の東京は正午過ぎに、気温が27.1度まで上がり、今年一番の暑さとなりました。タイトル表紙の雲画像はちょうどそのころの雲の様子です。

 宇宙からみた日本列島、その南にはまもなく梅雨前線となる雲が連なっています(青点線)。一方、赤道付近に目を向けると、東西に2つ、熱帯低気圧の雲があります(黄点線)。

沖縄・奄美の高温 エルニーニョが影響

 気象庁は10日、定例のエルニーニョ監視速報を発表しました。4月のエルニーニョ監視海域の海面水温は基準値より0.7度高く、今もエルニーニョ現象(以下、エルニーニョ)が続いています。

 この夏にかけてもエルニーニョが継続する可能性は80%、さらに秋まで続く可能性は60%とみられています。

 エルニーニョの影響で、4月は沖縄・奄美で気温が高く、2016年以来3年ぶりに平均気温が平年を1度上回りました。

台風なしもエルニーニョが影響?

 台風2号が2月末に消滅して、この2か月あまり台風の発生はありません。台風は条件さえそろえば、季節を問わず発生します。でも、冬から春のかけては発生が少ない。今、台風がなくても珍しくはないけれど、職業柄、台風がない状態が長引くと気になってしまいます。

 これまで台風のない期間が最も長かったのは2015年12月17日から2016年7月3日までと1997年12月22日から1998年7月9日までの4776時間(199日)です。天気に詳しい人ならば、この年に覚えがあるでしょう。そう、大規模なエルニーニョ現象が発生していた時です。

台風無発生期間 長い方ランキング(デジタル台風を参考に著者作成)
台風無発生期間 長い方ランキング(デジタル台風を参考に著者作成)

 台風の詳細な記録が残る1951年以降で、台風無発生期間が4千時間(約半年)を超えた事例は10例あります。

 そのとき、太平洋赤道域はどうだったのか調べてみると、多くの場合でエルニーニョ現象またはラニーニャ現象が発生していました。台風は赤道に近い熱帯域で発生するため、おどろく話でもないけれど、改めて調べてみると何らかのつながりが感じられ、興味深いです。

【参考資料】

気象庁:エルニーニョ監視速報(No.320) 、2019年5月10日発表

台風無発生期間は「デジタル台風」を参考にしました。