小笠原で再び、記録的な雨不足

4月26日正午の雲の様子。東京は冷たい雨でも小笠原諸島は晴れ(ウェザーマップ)

 小笠原諸島・父島では昨年夏からの降水量が355.5ミリと過去最低となった。現在はダム貯水率の低下を防ぐため、海水淡水化装置をフル稼働させている。来月以降、梅雨前線の影響で雨が降りやすくなるとみられる。

降水量は過去最低

 気象庁は25日、「小笠原諸島の少雨に関する東京都気象情報」を発表しました。これで4回目です。

 この見出しに見覚えがあり、天気ノートを見返してみたら、前回は2016年5月から2017年4月まで深刻な雨不足になっていたことがわかりました。ノートには過去最悪とあります。

 いつから雨が降っていないのでしょう。今回は昨年(2018年)夏から雨の少ない状態が続いていて、父島では昨年8月から今年3月までの合計降水量が355.5ミリ、同期間の降水量としては1969年以降で最も少なくなっています。

父島の月降水量・平年比(2016年から今年3月まで、著者作成)
父島の月降水量・平年比(2016年から今年3月まで、著者作成)

なぜ、記録的な雨不足に?

 小笠原諸島・父島の年降水量は約1300ミリ、東京と比べて200ミリほど少ないです。雨が多くなる時期は一年に2度あり、4月から6月、そして9月から11月です。今回は台風シーズンが始まる8月以降、雨が極端に少なくなりました。調べてみると、そのころ、小笠原諸島周辺で雲の発生が少なかったことがわかります。

3か月平均外向き長波放射量平年偏差(西部太平洋域)2018年9月-11月、気象庁ホームページより。著者加工
3か月平均外向き長波放射量平年偏差(西部太平洋域)2018年9月-11月、気象庁ホームページより。著者加工

海水淡水化装置をフル稼働

 いつ、雨不足は解消するのでしょう?

 先ほどの少雨情報によると、この先1か月程度、まとまった雨は降らない見通しとあります。父島のダム貯水率は26日現在、45.4%です。小笠原村では海水淡水化装置を2台稼働させて、ダムの貯水率低下を防いでいます。村によると、6月以降も渇水が続いた場合、海水淡水化装置がさらに必要となり、経費の負担が増すとのこと。文面から切実な思いが伝わってきました。

突然の大雨で

 前回の渇水(2016年5月-2017年4月)は5月22日から23日にかけての低気圧や前線に伴う大雨で、一気に解消しました。

渇水を解消させた低気圧と前線(2017年5月23日午前3時の地上天気図)ウェザーマップ作画
渇水を解消させた低気圧と前線(2017年5月23日午前3時の地上天気図)ウェザーマップ作画

 来月になれば、梅雨前線が形成され、小笠原諸島周辺で雨雲が多く発生するようになるでしょう。6月は日本の南海上に梅雨前線が停滞しやすく、例年と比べくもりや雨の日が多くなる可能性があります。不自由な生活はもう少しの辛抱だと思います。

【参考資料】

気象庁:小笠原諸島の少雨に関する東京都気象情報 第4号、2019年4月25日

小笠原村役場:これまでの渇水対策と今後の対策について、2019年4月3日