【チェーン義務化】年末寒波で早めの備えを

来週28日頃は日本列島に非常に強い寒気が流れ込む予想(著者作成)

 この冬、国道や高速道路の一部区間でタイヤチェーンが義務化された。今後、日本列島には非常に強い寒気が流れ込む予想で、早めの雪道対策が必要だ。

27日(木)以降、非常に強い寒気  

 今月、日本列島にやってきた寒気は3回、昨年と比べると半分です。まだ寒さや雪に慣れていないなか、27日(木)以降、北・東日本にはトップシーズン並みの非常に強い寒気が流れ込む予想です。

 タイトル表紙は寒気の予想図です。寒さや降雪を予想する指標として、上空5千メートル付近の気温を用います。

 マイナス30度の寒気に覆われると平地でも雪が降り、積もります。そして、マイナス36度以下になると、雪の降り方が格段に強まり、大雪に警戒しなければなりません。

 27日(木)以降、30日(日)頃にかけて、北陸から北の日本海側は平地を含めて、大雪に警戒が必要です。暖冬の影響で、日本海の海面水温は平年と比べて高く、強い寒気が流れ込むと雪雲が発達しやすくなっています。先日は新潟県で大雪ではなく大雨警報が発表されました。そのときは気温が高かったので雨でしたが、今後は気温が下がるため、大雪となる見通しです。

チェーン義務化 帰省ラッシュは大雪予想

 この冬から国道や高速道路の一部区間でタイヤチェーンが義務化されました。チェーン規制が行われた場合、義務化された区間ではタイヤチェーンを装着していないと通行できなくなったのです。

 この年末、帰省ラッシュのピークは29日(土)、30日(日)と予想されています。こちらは国土交通省が発表した「平成30年度チェーン規制調整箇所一覧」から高速道路を選び、帰省ラッシュ時の天気予報を示したものです。

【チェーン義務化区間】帰省ラッシュ時の天気予報(ウェザーマップ予報、著者作成)
【チェーン義務化区間】帰省ラッシュ時の天気予報(ウェザーマップ予報、著者作成)

 上信越の信濃町IC-新井PA、北陸道の丸岡IC-加賀IC、同じく北陸道の木之本IC-今庄IC、米子道の湯原IC-江府ICでは降雪が予想され、とくに北陸道は強い雪が降り、大雪となるおそれがあります。

早めの雪道対策を

 もちろん、タイヤチェーンが義務化された区間だけではなく、積雪や凍結している道路は備えと慎重な運転が求められます。この年末、車で移動を予定されている方は正月準備に加えて、早めの雪道対策をお願いします。

【参考資料】

国土交通省ホームページ:チェーン規制Q&A

帰省ラッシュ時の天気予報では下記のアメダス地点を用いました。

「上信越」信濃町IC-新井PA:信濃町(長野)

「中央道」須玉IC-長坂IC:大泉(山梨)

「中央道」飯田山本IC-園原IC:飯田(長野)

「北陸道」丸岡IC-加賀IC:加賀菅谷(石川)

「北陸道」木之本IC-今庄IC:今庄(福井)

「米子道」湯原IC-江府IC:上長田(岡山)

「浜田道」大朝IC-江府IC:大朝(広島)