エルニーニョ発生近づく 豪州気象局は警戒呼びかけ

豪州気象局はエルニーニョ発生に警戒を呼びかけている(著者作成)

 エルニーニョの発生が近づく。豪州気象局は熱波と森林火災に警戒するよう呼びかけた。豪州は小麦の主な輸入先のため、エルニーニョが私たちの食卓に影響する可能性も。

エルニーニョ発生 さらに高まる

 オーストラリア(豪州)気象局は23日、エルニーニョ現象の発生見通しを発表しました。太平洋赤道域東部の海面水温は10月以降、急上昇し、10月21日までの一週間は基準値と比べ0.8度高くなりました。

エルニーニョ監視海域 海面水温の基準値との差(オーストラリア気象局データ、著者作成)
エルニーニョ監視海域 海面水温の基準値との差(オーストラリア気象局データ、著者作成)

 また、赤道付近の貿易風も弱まる傾向がみられ、海洋と大気の相互作用が強まっています。エルニーニョ現象が今年末までに発生する確率は70%と9月末の予測より20ポイント高くなりました。

オーストラリアは熱波と干ばつ

 エルニーニョ現象は世界各地に異常気象をもたらすことが知られています。

 こちらはエルニーニョ現象が発生した冬(12月-2月、北半球)の天候の特徴を示した図です。赤で示した地域は気温が高くなり、黄色は雨が少なくなる地域です。

エルニーニョ現象が冬(12月-2月、北半球)に発生した時の天候の特徴(気象庁ホームページより、著者が一部を加工)
エルニーニョ現象が冬(12月-2月、北半球)に発生した時の天候の特徴(気象庁ホームページより、著者が一部を加工)

 日本は西日本を中心に、気温が高くなりやすいことがわかります。一方、南半球のオーストラリアでは赤色と黄色がみられ、気温が高く、そして雨も少なくなる傾向があります。オーストラリア気象局は今後、熱波と森林火災が起こりやすくなるとして、警戒を呼びかけています。

パンやうどんが高くなる?

 世界四大穀物のひとつ、小麦。日本は国内で消費される小麦の約8割を輸入に頼っています。主な輸入先はアメリカ、カナダ、オーストラリアです。

小麦の輸入額(2017年、金額ベース:著者作成)
小麦の輸入額(2017年、金額ベース:著者作成)

 日本では小麦の約7割がパンとめん類によって消費されます。最近はコメ離れが進み、ますます家計への影響が大きい。世界有数の小麦生産国であるオーストラリアが干ばつになると、小麦の国際価格が上昇しやすくなるでしょう。

 世界の穀物を取り巻く環境は近年、大きく変化しています。

 世界的な人口の増加に加え、生活が豊かになると肉を多く食べるようになるため、家畜のえさとしての需要も増える。そこへ、地球温暖化やエルニーニョ/ラニーニャ現象などの異常気象が拍車をかける。エルニーニョ現象が発生することによる影響はすそ野が広いと実感します。

【参考資料】

オーストラリア(豪州)気象局:ENSO Wrap-Up,23 October 2018

気象庁ホームページ:エルニーニョ/ラニーニャ現象等発生時の天候の統計的な特徴

農林水産省国際部国際経済課:農林水産物輸出入概況 2017年(平成29年),平成30年3月29日