この冬は家計が苦しい?

灯油価格が約3年9か月ぶりに高くなっている。暖房目安は平均気温10度以下だが、例年に比べ秋の深まりは遅くなりそうだ。

灯油価格が高騰

 資源エネルギー庁が今月11日に発表した給油所小売価格調査によると、灯油18リットルあたりの小売価格は全国平均で1,751円と約3年9か月ぶりの高値となりました。2004年4月以降(消費税込)の灯油価格をみると、

灯油小売価格の推移グラフ(全国平均:18リットル,2004年4月-2018年10月,著者作成)
灯油小売価格の推移グラフ(全国平均:18リットル,2004年4月-2018年10月,著者作成)

 2008年に2,300円台まで高騰し、いったんは価格が下がったものの、2014年には再び、1,900円台まで値上がりしました。今回はこれ以来の高値です。今後、さらに価格が上昇すれば、家計に大きな負担となるでしょう。

暖房目安は平均気温10度以下

 どのくらい寒くなると暖房が欲しくなるのでしょう?

一般に、日平均気温が10度以下になると暖房が必要とされています。平均気温が10度というと、最高気温は15度くらい、最低気温は5度から6度くらいです。

 東京でいえば11月下旬頃の気温が暖房の目安です。つい先日まで、いつまで真夏日?と話題になっていたのに、もう暖房が気になるとは。秋の快適な時期は意外と短いものです。

秋の深まりは早い?遅い?

 12日(金)は西日本でこの秋一番の冷え込みとなり、鹿児島県の山間部でも朝の気温が10度を下回りました。また、北海道の山間部では来週16日(火)から17日(水)にかけて雪が降る予想もあります。

 こちらはこの先1か月(10月13日から11月9日まで)の平均気温が平年値を下回る確率をみたものです。

平均気温が平年値以下となる確率を主要都市でまとめた表(10月13日-11月9日,著者作成)
平均気温が平年値以下となる確率を主要都市でまとめた表(10月13日-11月9日,著者作成)

 札幌は暖房期間に入るものの、平年より寒くなる確率は27%です。そのほかの各地も40%から50%程度で、暦通りに秋が深まる可能性は今のところ、高くはないようです。

 そういえば、昨年は11月から急に寒くなり、西日本は32年ぶりの寒冬になりました。灯油高騰の折、今年の冬はマイルドな冬になってほしいものです。

【参考資料】

気象庁ホームページ:各種予測資料(1か月予報)

資源エネルギー庁ホームページ:給油所小売価格調査(ガソリン、軽油、灯油),2018年10月11日(木)結果詳細版

資源エネルギー庁ホームページ:給油所小売価格調査(ガソリン、軽油、灯油),調査結果一覧

札幌管区気象台:雪に関する北海道地方気象情報 第1号,2018年10月12日発表