まもなく台風発生か 9月の台風で気をつけたいこと

日本の南に熱帯低気圧の雲。今後、発達して台風24号となる見通し(ウェザーマップ)

 台風シーズンは終わらず。日本の南には発達中の熱帯低気圧があり、今後は台風24号となる見通し。今は秋雨の真っ最中。台風が北上すれば、広範囲で大雨となるおそれがある。

まもなく台風24号発生か

 表紙の雲画像は21日正午、日本列島をみたものです。地球を覆う雲は天気の今を映す鏡のような存在で、3つの渦巻きに目が止まりました。

 日本列島の北側にある2つの渦巻き(赤丸)は低気圧の雲です。とくに、左側の雲(切離低気圧)は日本列島に横たわる秋雨前線の活動を活発にさせています。そして、日本のはるか南、マリアナ諸島には熱帯低気圧の雲があります。今後、発達して台風24号となる見通しです。

猛烈な台風が生まれる海

 今シーズン、猛烈な台風となったのは台風3号、台風8号、台風21号、台風22号(速報値を含む)の4つです。台風21号といえば、今月4日に徳島県に上陸し、近畿地方で記録的な暴風、高潮による大きな被害が発生しました。台風はもうこりごりの心境です。

マリアナ諸島に発達中の熱帯低気圧がある。そして今シーズン、猛烈な台風となった3号・8号・21号・22号の発生場所(著者作成)
マリアナ諸島に発達中の熱帯低気圧がある。そして今シーズン、猛烈な台風となった3号・8号・21号・22号の発生場所(著者作成)

 マリアナ諸島周辺の海域は世界で最も暖かく、台風が巨大化しやすい場所として知られています。実際、先に挙げた4つの台風はこのあたりで発生しています。

9月下旬は台風に要注意

 昔から(立春から数えて)二百十日、二百二十日は台風の厄日と言われています。ほかにも、9月26日は台風襲来の日というそうです。この日はちょうど伊勢湾台風(1959年)が上陸した日です。

 台風が上陸しやすい日はあるのでしょうか。台風の統計が残る1951年から2017年までに上陸した台風を調べてみました。これを旬別にまとめたのが次のグラフです。

旬別にみた、過去に台風が上陸した日(1951年-2017年、著者作成)
旬別にみた、過去に台風が上陸した日(1951年-2017年、著者作成)

 7月下旬から9月下旬までの2か月あまりが台風のトップシーズンであることがわかります。そのなかで最も上陸数が多いのが8月下旬、次いで9月下旬、そして9月中旬です。

 折しも、今は秋雨の真っ最中。今後、台風が発生して、日本列島に近づくとなれば、再び、広範囲で大雨になるでしょう。気が抜けない日々が続きそうです。

【参考資料】

デジタル台風:台風上陸・通過データベース