猛暑は海にも影響 台風が大型化するおそれ

沖縄に近づく台風10号。猛烈な暑さで海面水温も上昇している(ウェザーマップ)

 連日の猛暑で日本近海の海面水温が上昇している。海が暖かくなると台風が大型化しやすく、勢力を弱めずに本州に接近するおそれがある。

今年の梅雨終わる

 気象庁は20日午前、東北北部が梅雨明けしたとみられると発表しました。名実ともに、日本列島に夏の到来です。今年の梅雨明けは沖縄、奄美、九州南部を除いて、平年と比べ一週間以上早くなりました。

 今年2月末に発表されたこの夏の天候予想では、暑い夏になる見通しではあったものの、これほどまでの暑さは予想外でした。少なくとも今月いっぱいは猛烈な暑さが続きます。

記録的な暑さで沖縄が避暑地

 この夏はこれまでに、のべ1622か所(7月20日午後3時現在)で猛暑日となりました。これは2012年以降で最も多く、6年平均の約4倍です。

 猛暑日を観測した都道府県は43府県、一方で猛暑日となっていない所もあります。それは北海道、青森県、秋田県、そして沖縄県です。

この夏「猛暑日」を観測した都道府県(7月20日現在,著者作成)
この夏「猛暑日」を観測した都道府県(7月20日現在,著者作成)

 今年の沖縄県の最高気温は与那国空港で5月29日に観測された33.6度です。那覇市でも32.9度と猛暑日に遠く及びません。

 日差しはどこよりも強いけれど、海が暑さを受け止めるため、極端な暑さにはなりにくいのです。岐阜県多治見市の40.7度を思うと沖縄が避暑地に感じられます。

海水温上昇で、台風が弱まらずに接近も

 暑さの影響は熱中症だけではありません。こちらは日本近海の海面水温を見たものです。左上は今年7月1日、右下は7月19日です。

日本近海の日別海面水温を比較した図(気象庁ホームページ,著者加工)
日本近海の日別海面水温を比較した図(気象庁ホームページ,著者加工)

 水温29度以上(ピンク色,青点線で囲った部分)に注目してみました。今月初めは日本の南海上だったのが、徐々に北へ広がり、20日ほどで太平洋沿岸まで達しました。猛烈な暑さは海にも影響しています。

 海が暖かくなると、今後の台風が気になります。台風の勢力は海水温に大きく影響を受けるため、海が暖かければ暖かいほど、台風は勢力を増し、弱まらずに本州に接近することが考えられます。

 猛暑が一段落しても、一度暖かくなった海はなかなか冷えません。この猛暑は秋にかけて、台風にも影響しそうです。

【参考資料】

気象庁ホームページ:表層水温に関する診断表、データ

気象庁ホームページ:真夏日などの地点数(昨日まで)