宇宙からみた大雪の爪跡

気象衛星ひまわり8号からみた西日本の積雪(26日正午)

雪雲が去った26日、気象衛星ひまわり8号が大雪の爪跡をとらえた。山陰地方や近畿北部の雪がくっきりとわかる。27日は低気圧が急発達するため、西日本では雨となり、雪解けが進む見通し。

宇宙から見た大雪の爪跡

表紙の写真は26日正午、気象衛星ひまわり8号が捉えた西日本の雪の様子です。ひまわり8号の雲画像では1キロ程度の大きさのものが判別できます。

積雪深計ではその場所ごとの積雪の状況しかわかりませんが、気象衛星の画像では雪が積もっている地域が一目でわかります。

琵琶湖周辺、紀伊山地、四国山地にも白く見えるところがあり、今回の大雪が山陰地方だけでなく、西日本の広い範囲に及んだことが確認できます。

27日は低気圧が急発達、西日本は雨

27日午前9時の予想天気図(寒冷前線が西日本を通過し、雨が降る見通し)
27日午前9時の予想天気図(寒冷前線が西日本を通過し、雨が降る見通し)

27日は低気圧が発達しながら北海道に進む影響で、西日本には暖かい空気が流れ込むでしょう。前線が通過する際は雪ではなく、雨の降る所が多く、急速に雪解けが進む見通しです。

26日午後6時現在、京都府、兵庫県、鳥取県、島根県、広島県の雪の多い地域になだれ注意報が発表されています。大雪が収まっても、屋根からの落雪やなだれ、融雪にお気をつけください。気温の高い状態は29日(日)にかけて続く見通しです。