米南部の巨大竜巻 スーパーセル発生か

NOAA(アメリカ海洋大気局)のHPより

20日午後(現地時間)、米南部オクラホマ州で発生した巨大な竜巻。

現地からのニュースによると、竜巻の直径は3キロ以上、風速は70~90メートルで、巨大竜巻が直撃した住宅や学校、樹木、車、あらゆるものが粉々に吹き飛んでいます。

今回は丈夫な住宅が吹き飛び、コンクリートの学校が破壊されていることから、竜巻の強さは最大級(F4クラス)だったと思われます。昨年、つくば市で発生した竜巻はF3でした。日本ではF4クラスの竜巻は発生していません。

米中部は世界で最も竜巻が発生する場所で、年間で1000個ともいわれています。日本では20個程度ですから、その違いに驚きますが、アメリカは日本の25倍の面積があるので、面積あたりの竜巻数はそれほど変わりません。

とくに、アメリカのなかでも、ここオクラホマ州は竜巻銀座で、カナダからやってくる冷たい空気と、メキシコ湾から流れ込む暖かく湿った空気が、ちょうどこのあたりで活発な積乱雲を発生させます。

少し専門的になりますが、20日の気象状態は

SSI(ショワルター指数)はマイナス2.5

CAPE(対流有効位置エネルギー)は2000J/kg

大気の状態は非常に不安定であったことがわかります。

また、竜巻の直径は3キロ以上との報道があり、もしも本当ならば、巨大どころか、超巨大、日本では発生することのない大きさでしょう。昨年5月のつくばの竜巻では、被害幅約500メートルでしたし、日本最大級といわれる1990年千葉県茂原市の竜巻は、幅約1200メートルでした。

このありえない大きさの竜巻は、巨大な積乱雲、スーパーセルにともなって発生したと思います。

アメリカ海洋大気局(NOAA)