求む「もう1人」 男子バレー 浮き彫りになった課題

(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 バレーボール男子の日本代表は14日にネーションズリーグ第3週、ブルガリア大会を迎える。第2週の東京大会を終えて浮き彫りになった日本の課題――。それは「もう1人をどうするか」。アウトサイド(OH)石川祐希(パドバ)、オポジット(OP)西田有志(ジェイテクト)という2人の攻撃の軸に加え、石川の対角を務めるOHを確立する必要がある。

石川と西田は日本の「武器」

 7日のアルゼンチン戦。石川の活躍は鮮烈だった。31本のスパイクを打って21本を決め、総得点は28点。チームの総得点の3分の1を一人で稼ぎ出した。ここまでの2週、6試合を終えて石川の総得点は83点、スパイク決定率は53.73%。ともに全体の8番目という堂々たる数字を残している。

 追随するのは19歳のOP西田だ。総得点は72点だが、スパイク決定率は石川をしのぐ54.31%。全体で5番目に入る高い数値をたたき出し、代表2季目にして主力に成長した。

 この2人は日本が世界と戦う上で間違いなく武器になる。ただ、現状で日本の武器はここだけだ。

差があるミドルブロッカー陣

 ブラジルやイランなど、世界トップレベルの強豪国との最大の差はミドルブロッカー(MB)だろう。ブラジル戦では日本のMBの総得点が11点なのに対し、ブラジルは19点。イラン戦では日本が6点なのに対して、イランは16点だ。速攻のバリエーションに打点の高さ、コースの幅、打球の強さ…どれをとっても日本は見劣りしている。セッター関田誠大(堺)も「全然違う」と認める。

 ブロックでの存在感も物足りない。日本のMBが取ったブロックでのワンタッチは、ブラジル戦で18本、イラン戦では17本だった。これもブラジルの28本、イランの24本を大きく下回る。横への移動の速さや手の出し方などの差は明らかで、育成の段階から本腰を入れて強化する必要がある。

 一朝一夕にMB陣に力が付くわけではない。現状で世界と戦うことを考えれば、日本に必要なのはOH2人とOPで得点をもぎ取っていく力だ。石川、西田は十分な数字を残している。だが、この2人だけでは苦しい。

 ラリーが続くと、最後に託されるのは現状では石川か西田だけ。これは相手ブロックにとっては好都合だ。石川が前衛のときには、相手ブロッカーはレフト側の石川とライト側の西田を意識すれば事足りる。中央への意識は薄くていいから、1枚半以上のブロックが石川と西田に付くことになり、2人は苦戦した。

 逆に石川が後衛になると攻撃の幅は広がる。前衛レフトの攻撃とライト側からの西田の攻撃、さらに石川のパイプ(中央からのバックアタック)をケアしなければならず、ブロックが割れる場面も多くあった。しかし、石川の対角に入る選手はパイプが少なく、存在感が薄い。そのため、前述のような事態に陥ってしまっていた。

「もう1人」に求められるもの

 セッター関田に石川の対角に入る選手にほしい要素を問うと「僕はパイプがほしい」と明かした。石川本人も「攻撃に対してもっと積極的な選手。もう1人、攻撃力を持っている選手がほしい」と挙げた。

 常に速攻を含めた4枚攻撃を展開できるのがベストだが、速攻が使えない状況でもOH2人とOPによる3枚攻撃は維持したい。それができれば、取り切れるラリーも増えるはずだ。

 石川の対角に起用する選手に求める要素を、中垣内祐一監督は「サイドアウトも、ハイボール(2段トス)もしっかり打つことが大事だし、サーブレシーブも同様に大事。相手OPと対する機会も多いので、ブロック力も求めたい」と話した。もちろん、これら全ての能力を持つ選手が理想ではある。全ては当てはまらないにしても、最低でもパイプで存在感を示せる選手であってほしい。

 思い返せば、日本が最後に自力で五輪に出場した2008年北京五輪。このときにはOP山本隆弘、OHに越川優と石島雄介という個で事態を打開できる3人がそろっていた。

 今季、OHで起用されているのは柳田将洋(ユナイテッド・バレーズ)、高野直哉(堺)、福沢達哉(パナソニック)、久原翼(パナソニック)。「もう1人」のピースを埋める選手はこのうちの誰かになるのか、それとも別の選手になるのか。今後の戦いぶりに注目したい。