KNNポール神田です。

2021年9月13日、auのサブブランド『POVO2.0』新体系の料金発表があった。

□KDDIが9月下旬から、オンライン専用プラン「povo」を「povo2.0」に改定する。これまでのpovoは、月額2728円(税込み、以下同)で20GBのデータ通信付きの1種類のみだったが、月額料金を0円とし、オプションの「トッピング」でデータ容量を選ぶ形となった。

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2109/13/news151.html

ahamo LINEMO 楽天モバイルの価格を鑑みての差別化のプランであることは明確だ。基本料金は無料で『データトッピング』という概念で、データ容量を選ぶという。

povo1.0 との差はこちらのとおりだ。

出典:povo
出典:povo

https://povo.au.com/pr/202109/spec/

データトッピングということで容量を選ぶという。2021年9月下旬からサービス開始となる。

しかしだ。シンプルになった料金体系がまた、複雑化したようにもみえる。

出典:povo2.0
出典:povo2.0

データトッピングのプランが発表されたが、データ容量と期間が違い、さらに価格がちがうので、一体どれが自分にフィットするのかがわかりにくい…。

■povo2.0 トッピングを一ヶ月あたりで比較してみる

出典:povo2.0料金を筆者加工
出典:povo2.0料金を筆者加工

これらを、すべて一ヶ月あたりで比較してみたい。

一ヶ月は30.4日(365日÷12ヶ月)

一ヶ月は4.3週間で計算((365日÷7)÷12ヶ月)

大きく分けると、3GBまでと、20GBまでとの2つのプランだ。

1GB7日間を月間で慣らすと4.3GBで月額1,677円となる。

一番安い価格は、3GBまでの月額990円でLINEMO(ソフトバンク)同等だ。

20GB30日間は、月額2,700円となった。

60GB90日間が、20GBとすると月額2,163円となる。

150GB180日間(半年)は、25GBで2,163円と割安となっている。

さらに、LINEMOや楽天モバイル ahamaと比較するとこうなる…。

出典:au povo2.0をもとに筆者作成
出典:au povo2.0をもとに筆者作成

一ヶ月あたりで、比較すると明確な僅差での後出しジャンケンで、あとから発表したpovo2.0の方が安くなる傾向にあるのは明確だ。

一ヶ月単位で考えると、ahamoあたりの20GB2,970円が割高にみえてくるので、価格をあわせるか、3GBで1,000円を切るプランがでてきそうだ。

むしろ、わざわざ20GBのプランの価格を下げるのではなく、『povo2.0』の半年で150GBのような長期で大容量の値引きの方が、単価を落とさなくてすむだろう。

『povo2.0』の150GB180日間の1万2,980円のラインを『ahamo』は、攻めてくるのではないだろうか?

『LINEMO』は、3GBで990円は『povo2.0』と一緒だ。20GBで2,728円は、『povo2.0』の60GB90日トッピングの一ヶ月あたりだと2,163円なので、その差は一ヶ月で565円、年間6,780円、『LINEMO』の不利となるので、同様に価格の見直しがあることだろう。

楽天モバイルの場合は、定額の従量制と考えることができそうだ。障害トラブル行政指導なども気になるが、1GBまでなら0円というのも魅力だ。20GBまでの2,178円が月額にすると15円だけ割高だ。年間でも180円だからほとんど誤差だ。20GB以上でも上限は3,278円だから楽天回線エリア内だと魅力だ。

月に自分が実際にどれだけのギガを消費しているのかの把握が必要だ。10日間の使用量を計測し、それを3倍すると良い。3GBや20GBを超えそうかどうかで、節約したりする運用面でのカバーも可能かもしれない。

動画を見る場所を、Wi-Fi環境に振り返るだけでもかなりのギガを節約できるはずだ。

■菅総理の置き土産の携帯料金の低価格化

結果として、短命で終わる菅政権だが、公約どおりの、携帯電話料金の低価格化は実現された。しかし、話をあわせた談合ではないまでも、携帯通信キャリアは申し合わせたかのような同じプランに落ち着くという法則性を持っている。それでも、価格を落とさせたことは十分に評価できることだろう。

楽天モバイルの参入で3社の寡占状況が変わるかはまだまだ未知数だが、自社アンテナと楽天ポイント経済圏と赤字を垂れ流しても諦めない姿勢は、大手4社とのシェア争いになりそうだ。

2社の寡占は激しい競争を生むが、3社の場合は横並びになりやすい。大手4社となると、ビール会社同様に各社の特徴が出やすくなるだろう。

一番、苦渋を強いられいるのは格安SIM事業者だ。

大手がサブブランドで自社ネットワークの契約をすべてウェブで完結させることによって、人件費などを削減し、低廉化させたプランによって、格安SIMの通信キャリアなどは厳しい経営を迫られていることだろう。

■各通信キャリアの料金プラン比較

2年に一度は、ネット回線の見直しは絶対に必要だ。スマートフォンの料金プランは、このように安くなっているので、MNPで乗り換えなくとも、自分の契約しているプランを見直すことはとても重要だ。

大手キャリアのサブブランドは、窓口に並ぶ必要もなく、時間の制限も受けないので、毎月の通信料金を振り返り検討してみるべきだ。

楽天モバイルの料金プラン

出典:楽天モバイル
出典:楽天モバイル

https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/

LINEMO(ソフトバンク)の料金プラン

https://www.linemo.jp/plan/

ahamo (NTTドコモ)の料金プラン

出典:NTTドコモ
出典:NTTドコモ

https://ahamo.com/plan/

UQモバイルの料金プラン

出典:UQモバイル
出典:UQモバイル

https://www.uqwimax.jp/mobile/newplan/

ワイモバイル(ソフトバンク)の料金プラン

出典:ワイモバイル
出典:ワイモバイル

https://www.ymobile.jp/plan/smartphone/