星野源『うちで踊ろう』にみられる自粛のクリエイティブと音楽の権利(ライツ)のゆくえ

出典:星野源YouTube

KNNポール神田です。

シンガーソングライターの星野源さんのアップしたコラボ用の動画で日々いろんなアーティストが参加し、音楽の楽しさを教えてくれる。

星野源さんのコラボ用にアップしたのは生ギターとソロボーカルのみ

なぜかコラボに安倍総理も…突然の参戦…。

犬をなでて、コーヒーを飲んで、読書して、リモコン操作して…

さっそく、ネタとしてものまね芸人ビスケッティ佐竹参戦!

9割仕事がなくなりながらの自粛だそうです。

■音楽のアレンジが変化していく…

そこにいろんなアーティストが参戦するようになった…。

YouTubeで知られるドラマーよよかちゃん

GLAYのギタリストHISASHI

雰囲気がかなり変わる。

ベーシストの亀田誠治

いつもながら、かっこいいベースラインを聞かせてくれる

プロドラマーの山木秀夫

大御所ドラムがはいって、楽曲のアンサンブルが完成

プロドラマーのDaniel Baeder version

アレンジが違うだけで全く別の曲になる。

さらに、ホーンセクションがつくとガラッと雰囲気が変わる

同じ曲なのに、ホントこれだけ変化するとは…音楽のアンサンブルは不思議な有機体でできている。

マイナスワンのカラオケバージョン

しかも、カラオケも用意されているので、ウチで歌える。

顔面でベースを弾く、ベーシスト秋吉雅史

ファンキーですね。

Vocalist/Vocal coach/Songwriter今野華子

https://www.instagram.com/p/B-tDmD7JZLE/

ハモリがすてきですね!

■いろんな自粛型のクリエイティブを紹介

ゴールデンボンバーの替え歌で『自粛して』

これはもう、クオリティと手間のかけかたがすごい…。

ご存知、ピコ太郎もセルフカバーで、しかし広告はオンにしてください!

ジャニーズ事務所のARASHIも全面的にYouTube活用

■新たな音楽の権利ビジネスが必要なフェーズにはいってきている…

音楽がCDというフィジカルの円盤を売る時代から、興行や物販とサブスク収入の時代へと代わり、全世界でコロナ自粛で興行収益がゼロとなってしまった…。

自粛しながら、新たなクリエイティブ、星野源さんの楽曲からもいろんな意味での、二次創作やなにかでも、経済が回るような新たな音楽の権利(ライツ)が必要な気がして仕方がない。

もはや、素材の楽曲の使用権やアレンジ権を支払うかサブスクするかで、新たな価値を創造していき、稼ぐことが可能なデジタル市場はできつつある。

『音楽』はレコードの発明で、新たなビジネスの鉱脈を見つけ、ラジオの登場でジュークボックス等の販促ができ、テレビの登場と、音楽専用チャンネルMTVが生まれ、iPodが生まれ、さらにサブスクによるストリーミングが主体へと変化してきた。アフターコロナ以降の音楽ビジネスは、著作権を守るというよりも、著作者により分配されるようなクリエイティブ権というような、新たな『権利(ライツ)』のビジネスモデルが必要となったと思う。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ