とくダネ!小倉さん『テレワークTV』番組MCが自宅の書斎から

出典:フジテレビ『とくダネ!』筆者管面撮影

KNNポール神田です。

□スタジオには出演者が座るテーブルの奥にモニターが設置され、自宅の書斎から第一声。「緊急事態宣言を受けて私、スタジオにいかず、このような形になりました。少しでも感染が防止できればいいのかなと思います」と報告した。

□本人には持病の糖尿病があり、2018年には膀胱がんの全摘手術を受けている。「私自身がリスクがある高齢者ということで、なるべく大勢の人と接触しないように自分の書斎からしばらく間、お届けすることになります。お許しください」とも伝えた。

出典:小倉智昭『とくダネ!』をテレワーク出演…自宅・書斎から「自身がリスクある高齢者なので」

■ほとんど違和感のなかった『テレワーク』テレビ放送

2020年4月8日(水)8時10分、毎朝のように視聴している『とクダネ!』で、ついに小倉智昭キャスターが自信が高齢であること、持病があることを理由に『テレワーク』による番組進行をおこなった。

冒頭はVTRで9分ほどニュースを伝えたあと、自宅の書斎から冒頭の進行をはじめた。

若干、音声がエコーっぽく、聞こえるくらいだが、ほとんど、番組を見ている分には問題がない。小倉さんの書斎がスタジオっぽく見えるせいなのか、普段の放送との違和感をあまり感じることがなかった。本日以降の生放送ではクリアになっていることだろう…。

スタジオ書棚との違和感のない演出にはスタッフの苦心のアイデアが 出典:『とくダネ!』
スタジオ書棚との違和感のない演出にはスタッフの苦心のアイデアが 出典:『とくダネ!』

なぜ、現場にいないメインの『MC(マスターオブセレモニー)』が、いないにもかかわらず、ここまで違和感がない理由のひとつに、小倉さんの映し出されるディスプレイのフレーム処理によるものを感じることができた。

社会学者の古市憲寿さん側のスタジオのセットの書棚と小倉さんの書斎の書棚がぴったりとあわさってレイアウトされていたからだった。

つまり、『2D』でテレビを視聴している視聴者にとっては、スタジオのデザインが、そのまま小倉さんの書斎へとそのまま溶け込んで見えているので、『イマーシブ(没入)』な映像として脳内で認識を変換してしまっているからだった。これは番組スタッフの見事な演出だと感じた。

■VTRやゲストトークが、メインの番組であれば『テレワーク』は可能だ!

実際に番組構成を見ていると、ほとんどが、VTRを中心に展開され、インタビュー等では、ワイプ、黒岩神奈川県知事の登場では、小倉さん、黒岩知事、スタジオと3拠点のワイプつながりでの会話となる。これもほぼ問題なし。小倉さんの書斎でも、スタッフが出向いているだろうから、スムーズな安定した進行であった。

■ほんの少しの間の違いと5Gネット回線

長寿番組であり、メイン進行の小倉さんの安定ぶりが、テレワークということを感じさせない生中継だが、どうしても、ゼロコンマ何秒の間合いのズレはあるようだ。やはり、人間が同じ空間にいることの絶大さはあるが、このような不要不急の自粛でもテレビが放送し続けることができることを証明してくれた。

この記事は有料です。
KNN総研リポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

KNN総研リポートのバックナンバー2020年4月サンプル記事

神田敏晶

価格

1,999(記事3本)

2020年4月号の有料記事一覧

すべて見る

ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ