人気YouTuber「はじめしゃちょー」の事件は他人事ではない

110番に通報するはじめしゃちょー 出典:はじめしゃちょーチャンネル

KNNポール神田です。

動画配信サイトの投稿者で「はじめしゃちょー」の名前で知られる20歳代男性の自宅に無断で押しかけたなどとして、静岡県警は25日、千葉県市川市、派遣社員の女(29)をストーカー規制法違反と住居侵入容疑で現行犯逮捕した。発表によると、女は同日午前4時15分頃、同法に基づくつきまとい行為の禁止命令を受けていたにもかかわらず、静岡県中部にある男性宅に押しかけ、侵入した疑い。

出典:動画で人気のはじめしゃちょー宅侵入…容疑否認

報道と同時にそのYouTuber動画を確認をしてみた。

さすが、「はじめしゃちょー」だ。

警察への通報シーンまで編集しインサートしていた。

朝の4時に不法侵入され、クリスマスは取り調べだけで終わったそうだ…(2017/12/26)。

コミカルなキャラクターで、それなりの明るい報告に見えるが、被害者としては、家屋に侵入されたというのは男性でもかなり恐怖を覚えたことだろう。知人と一緒でなければ…もっと不安だっただろう。もしも、刃物や何かでということであれば生死にもかかわっていた事態も想定される。それでも、鍵をかけてすぐに通報シーンをビデオに収めていた事はきっと職業柄だろう。

普段から動画などの情報発信を手がけている人にとっては、何かのハプニングは、本能的に録画しなければという気持ちになるものなのだ。YouTuberのような台本や脚本があるのではなく、すべてセルフプロデュース型の自己体験に基づく表現であればあるほど、こんな非常事態は、共有されなければならないと考えたはずだ。

YouTuberはもはや国民的アイドル並の存在

すでに人気YouTuberは、若年層においてはテレビタレント同様、いやテレビタレント以上に親近感を持って視聴されている。毎日、数分間にわたり、観られ続けるというのは、フォロワーユーザーにとっては国民的アイドル同等の存在となる。いや、国民的なアイドルであったSMAPが公式には理由を延べないまま解散。しかも一度は解散公式を撤回しながらもだ…。国民的と言われながらも、国民の中にも所詮、芸能の世界はそんなところという空気が充満した。人間を扱うタレント業が一番大変だ。一方、そんなテレビタレントとは違い、人気YouTuberは本能的にいくら裕福になっても、自分のスタイルを頑なに維持している。あくまでもネット化された個人のパーソナリティーが主役だ。

いくらテレビの人気タレントMCといえども視聴されるのはその瞬間がほとんどだ。ましてや自分の帯番組でも自分がオピニオンとして1人で成立する番組は存在しない。しかし、YouTuberはすべてのシーンに、毎日、顔出しで出演している。しかも視聴ユーザーとのやりとりもある。毎日、視聴者に近い存在で、影響力もある。好きな時に好きなだけ視聴できる。昨日のテレビ番組を語る時代から、昨日のYouTuberのネタを語る時代へと、とある属性では大きく変化しているのだ。

YouTuberの自宅のセキュリティ対策

しかもYoutuberの引越し先は、芸能人のように、事務所スタッフが用意周到にバレないようにやってくれるわけでもなさそうだ。いくら引越し先を変えたとしても、家バレというのはつきまとうようである。結果として、家がバレても問題のないようなセキュリティを施し、そのセキュリティがあることを知らせる。それでも今回の家宅侵入事件である。このような監視カメラを自宅内にまで設置していたにもかかわらずだ。

以前からも、ストーカー被害をされていたことも動画で報告しているはじめしゃちょー(2017/11/22)。

ストーカー被害に関しても、警察は事件が起きてからしか動けないとなると、自衛手段を講じておく必要がある。恨みを買われるだけでなく、好意のみでストーキングされるケースも増えている。その好意が裏切られた瞬間に好意の熱量が高ければ高いほど、恨みや殺意に変る人も少なくない。情報発信が誰にでも、手軽になった時代だが、それと共に、誰もが芸能人並のリスクを買うことも、この事件から記憶しておきたい。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    『コロナ化』する今日この頃…『コロナ禍』ってどう読めばよい?『コロナ禍』とは?神田敏晶5/1(金) 8:49
  2. 2
    新型コロナ感染症:「気温と湿度」は感染拡大にどう影響するか石田雅彦5/29(金) 8:00
  3. 3
    「カフェイン」を気化させて吸い込むとどうなるか〜喫煙と違法薬物への「登竜門」石田雅彦2019/12/5(木) 8:00
  4. 4
    インドとパキスタンで「50.0℃」、コロナで気温上昇の可能性も森さやか5/27(水) 16:56
  5. 5
    中国の大気汚染「劇的な改善」がもう終了 早くも例年レベルに戻る竹村俊彦5/26(火) 17:41
  6. 6
    新型コロナ感染症:産業医に聞いた「解除後」に事業者が気をつけたい「5つの注意点」石田雅彦5/26(火) 10:20
  7. 7
    「Zoom疲れ」はなぜ起きるのか―増えるオンライン会議との付き合い方と疲れを解消する3つの対処法高橋暁子5/28(木) 11:02
  8. 8
    YouTuberで食べていくには,最低1万人以上の登録ユーザーが必要だ!しかし、本当に重要なのは…神田敏晶2019/6/21(金) 14:32
  9. 9
    新型コロナウイルス「最適な消毒薬は?」「安全な使い方は」「入手困難どうすれば?」薬剤師に聞きました市川衛2/23(日) 11:41
  10. 10
    新型コロナ感染症:ウイルスはどれくらい長く物質上にいるのか〜残存率低下の条件とは石田雅彦4/14(火) 9:00