『ブレードランナー2049』のシンギュラリティ

(写真:ロイター/アフロ)

KNNポール神田です。

いよいよ、本日(2017年10月27日)より『ブレードランナー2049』の公開が始まる。

オリジナルの『ブレードランナー』の公開は1982年。今から35年前。描いている未来は2019年のロサンゼルスだった。

2017年、世界は、ドローンやAIや自動運転によってSF映画の片鱗をようやく見せはじめようとしている。しかし、実際には、「シンギュラリティ」という人工知能が人間の能力を超える技術的特異点は2045年と想定されている。あと28年も先のことだ。

今だに自動車は、自動運転のファースト・ジェネレーションであり、まったく空を飛びそうにもない。人類は、月や火星で生活することもない。唯一進化しているのは、インターネットへのアクセスがモバイル中心になったことぐらいだ。これらの進化は、想像以上に遅いのが現実だ。その激遅の進化ですら危惧する人が大半だ。人は進化に対しての恐れをいつの時代も抱いている。その心情があるからこそ、書籍や映画が描いた21世紀は、いろんなユートピアとは正反対のディストピアストーリーが描かれている。

ディストピアを描いた21世紀

ディストピアの歴史

1968年「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 フィリップ・K・ディック

1973年「ウエスト・ワールド」マイケル・クライトン

1979年 「エイリアン」リドリー・スコット

1981年「ニューヨーク1997」ジョン・カーペンター

1982年「ブレードランナー」リドリー・スコット

1982年「トロン」スティーブン・リズバーガー

1984年 「1984」アップルコンピュータ リドリー・スコット

1984年 「ターミネーター」ジェームズ・キャメロン

1984年「ニューロマンサー」ウィリアム・ギブスン

1986年 「エイリアン2」ジェームズ・キャメロン

1987年 「ロボコップ」ポール・バーホーベン

1990年 「トータルリコール」ポール・バーホーベン

1991年 「ターミネーター2」ジェームズ・キャメロン

1995年 「攻殻機動隊」押井守

1995年 「JM」ロバート・ロンゴ

1999年 「マトリックス」ウォシャウスキー兄弟

ざっと掲げてみても、それぞれの作品が互いに影響を与え合ってきていることが伺える。機械ロボットがサイボーグ、アンドロイドとなり、サイバー空間で電脳と闘う。映画や小説の世界での想像は、果てしない妄想力で未来を創り上げることが可能だ。また続編がヒットすることで映画のシリーズが深まる。新人監督がチカラをつけてオリジナルに取り組めるなど。

そして、35年もの時を経て、『ブレードランナー』の続編を作るにあたり、3つのオムニバスショート映画が公開されている。あまりにも『ブレードランナー2049』までの期間が空いたのでそれまでのストーリーを埋める形となった。また、映画の公開前にこのような前日譚をネットで公開するという手法も、映画を映画館だけで楽しむという時代ではなくなったことへの巧妙なマーケティングだと考えられる。

『ブレードランナー2049』のドゥニ・ヴィルヌーブ監督がショートムービー3本を依頼したという。

『BLADE RUNNER BLACK OUT』日本語字幕版

『ブレードランナー2049』へ至る、空白の30年間。2022年に起きた大停電<ブラックアウト 2022>とはー?

2022年=大停電(ブラックアウト)、2036年=新型レプリカントの存在が明らかとなったことに続き、空白の30年間を繋ぐ最後のエピソードを公開!

『カウボーイビバップ』『アニマトリックス』『サムライチャンプルー』などを手がけ、日本のみならず海外でも高い評価を得続ける渡辺信一郎監督が『ブレードランナー 2049』の制作スタジオであるAlcon Entertainmentからオファー受け、短編アニメーション「ブレードランナー ブラックアウト2022」を制作!

『BLADE RUNNER 2036 Nexus Dawn』日本語字幕版

『ブレードランナー2049』へ至る、空白の30年間。

デッカードが恋人の女性レプリカント《人造人間》と共に姿を消してから17 年後、2036 年の世界。そこでは、レプリカントの新たな創造主となる科学者ウォレス(ジャレッド・レト)が、<巨大な陰謀>を目論んでいた―『ブレードランナー』を監督した“SF 映画の巨匠”リドリー・スコットの息子、ルーク・スコットが監督を務めた短編を公開!

『2048:NOWHERE TO RUN』日本語字幕版

『ブレードランナー2049』の舞台である2049年の一年前、2048年の世界―。

ロサンゼルス市警は“ブレードランナー”組織を強化し、違法な旧型レプリカント《人造人間》の処分を徹底していた。軍から逃げ出し、この街にたどり着いた旧型の違法レプリカントであるサッパー(デイヴ・バウティスタ)は、トラブルを避け静かな暮らしを送っていたが……

2018年の『ブレードランナー』の世界がどのような変遷をたどり2049年になったのかは、こちらのサイトにも詳しい。

http://roadto2049.bladerunnermovie.com/

映画の世界観は、ネット上でさらに深く深く掘り下げることが可能になってきた。また、これらの作品に刺激を受けた人たちが新たな作品を作り上げていく。映画のようなディストピアになるのかどうかは、シンギュラリティを迎える私達ひとりひとりが、どのように影響を与えあっていくかで変化しそうだ。

レプリカントを恐れるような、ロボット技術の進化はまだまだ時間がかかりそうだ。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    『コロナ化』する今日この頃…『コロナ禍』ってどう読めばよい?『コロナ禍』とは?神田敏晶5/1(金) 8:49
  2. 2
    新型コロナ感染症:「気温と湿度」は感染拡大にどう影響するか石田雅彦5/29(金) 8:00
  3. 3
    「カフェイン」を気化させて吸い込むとどうなるか〜喫煙と違法薬物への「登竜門」石田雅彦2019/12/5(木) 8:00
  4. 4
    インドとパキスタンで「50.0℃」、コロナで気温上昇の可能性も森さやか5/27(水) 16:56
  5. 5
    中国の大気汚染「劇的な改善」がもう終了 早くも例年レベルに戻る竹村俊彦5/26(火) 17:41
  6. 6
    新型コロナ感染症:産業医に聞いた「解除後」に事業者が気をつけたい「5つの注意点」石田雅彦5/26(火) 10:20
  7. 7
    「Zoom疲れ」はなぜ起きるのか―増えるオンライン会議との付き合い方と疲れを解消する3つの対処法高橋暁子5/28(木) 11:02
  8. 8
    YouTuberで食べていくには,最低1万人以上の登録ユーザーが必要だ!しかし、本当に重要なのは…神田敏晶2019/6/21(金) 14:32
  9. 9
    新型コロナウイルス「最適な消毒薬は?」「安全な使い方は」「入手困難どうすれば?」薬剤師に聞きました市川衛2/23(日) 11:41
  10. 10
    新型コロナ感染症:ウイルスはどれくらい長く物質上にいるのか〜残存率低下の条件とは石田雅彦4/14(火) 9:00