KNNポール神田です!

いよいよ、Appleの「iPhone7」の発表がカウントダウンにはいっていることだろう…。

iPhone 7発表は2016年9月7日(日本時間8日)と伝えられている。

もう、iPhoneの成熟した市場では、かつての徹夜行列ほどの熱意は抱けなくなってしまった。しかしだ…。今回の「iPhone7」と呼ばれる新製品には3.5mmのイヤフォンジャックがなくなるというリークでもちきりだ…。今回はそこにワクワクしている。

アップルはこの秋に発売するであろう iPhone 7 にあわせて、Beats ブランドの Bluetooth イヤホンを開発中とのこと。「AirPods」として商標出願もしているというこのイヤホンは完全ケーブルレス、つまり左右ユニットを結ぶケーブルもない耳栓タイプで、さらにノイズキャンセリング機能を搭載するとしています。

また AirPods のバッテリーは、専用キャリングケースが充電機能をそなえるため、収納すればそのまま充電が可能とのこと。

出典:アップル、iPhone 7向けに完全ケーブルレスBluetoothイヤホンを開発中?へッドホン端子廃止に対応

こちらの「AirPods」は、イヤフォンの耳栓が2つ、ケーブルレスでないだけという新たなイヤフォンになる可能性がある。

そしてもうひとつが「EarPods」

アップルが、新しいイヤホンの特許を取得したことがわかりました。このイヤホンは Bluetooth に対応しており、左右ユニットをケーブルで結んだ形状。ただ、ケーブル中央部にはマグネット式のコネクターを備え、3.5mmステレオミニプラグを持つもう一方のケーブルと接続すれば有線でのリスニングにも使えます。CNN によれば iPhone 7 に付属する EarPods の可能性もあるとのこと。

出典:アップル、新型 EarPods の特許を取得。無線でも有線でもリスニング可能なケーブル分離型イヤホン

こちらの「EarPods」は若干のケーブルと、かつてのiPod shuffleのようなクリップタイプのBluetoothハブデバイスを経由して、オーディオと飛ばすというアイデアだ。筆者はEarPodsであれば、自分の好きな3.5mmのヘッドフォンをワイヤレスで楽しめる環境のほうが嬉しい。何よりもそれがワイヤレス化されることにベネフィットを感じる。

また、iPhone7に、イヤフォンジャックがなくなれば、当然、標準で真っ白な「EarPods」と「EarPods」用のまるでAnkerの「SoundBuds Sportイヤフォン」のようなイヤフォンが付属するのではないかと予測している。

Anker SoundBuds Sportイヤフォン
Anker SoundBuds Sportイヤフォン

このイヤフォンになると「iPhone7」が突然、魅力的に見えてくるからだ…。なぜならば、見栄えが圧倒的に変化するからだ。

白いコードのイヤフォンがいきなりダサく見えはじめてくる…

あくまでも、予測のハナシだが、「EarPodsイヤフォン」が登場すると、iPhoneを眺めながら、イヤフォンは右と左を結ぶコードのみ。たらりとぶらさがるイヤフォンコードをiPhoneと接続する必要がなくなるだろう。2016年9月、10月とiPhone7に買い換えたユーザーは、コードレスのイヤフォンを使い、見た目がコードレスなので、すっきりと見えてくる。想い出してほしい、iPod iPhoneの普及で白いイヤフォンの人が一気に社会に溢れでた効果を。「EarPodsイヤフォン」の前ではあのだらりとしたコードがダサくみえはじめ、「EarPodsイヤフォン」が使えるiPhone7がやたら欲しくなるという現象が起きそうな気がしてならない。するとiPadもEarPods対応が待ち遠しくなる…。Apple製品全体に良い環境をEarPodsは提供することだろう。

Appleが経験してきたレガシーフリービジネス

Appleはレガシーフリーな企業だ。常に、レガシーなデバイスを捨て去り、新たなデバイスを作ってきた。最初にUSBを世界的にポピュラーにしたのは、スティーブ・ジョブズ快心のヒットの初代iMacだった。ADBポートを捨て去り、SCSIインタフェース、RS-422シリアルポートを捨て去り、そしてフロッピーディスクドライブまで捨て去ってしまったのだ。自社が開発してきたレガシー技術をすべて葬りさってしまったのである。そして、USBは現在においては、デファクトスタンダードとなっている。

Appleが発明したMFiというビジネスモデル

そして、Appleは、いつしか、MFi Programという、『Made for iPhone』と自社製品へのペリフェラルすべてに、課金できるプログラムを開発する。『MFi認証』製品でないと、うまく作動したり、充電はできるが、操作や通信ができないなど、独自チップセットによるデバイス認証でアウトローなサードパーティー製品の締め出しにかかった。同時に、MFi Program製品販売による『ライセンシー』売上という金の卵を発明したからだ。

今度の新型 EarPodsや、Lightning直結ヘッドフォンは当然、MFi ProgramでAppleのライセンスビジネスを後押しするビジネスになることだろう。EarPodsは、1881年に誕生した電話交換手のヘッドフォンから135年ぶりにヘッドフォンを再発明するのかもしれない。

1881年電話交換手のヘッドセット
1881年電話交換手のヘッドセット

既存の3.5mmジャックのヘッドフォン機器市場とiPhoneの間に、Appleのライセンシーの関税デバイスを取り付けることができるのも最大の魅力だ。この規格がIEEEなどで採用されると大きな変化だ。

音質の為、技術の為にレガシーを捨て去ることは多いに賛成だ。そのうちiPadにAppleWATCHにいたるまで、EarPods、いやAppleTVで家庭のテレビにも、さらにEarPodsがSiriに反応すれば家庭の家電のコントローラーに、一気にIoTデバイスにまで浸透することが可能なのかも知れない。当然、防水対応なども考えられる。

また、Apple傘下の、Beats からも本命の音質を全く損なわないLightning端子直結ヘッドフォンが登場する可能性も考えられる。そうなると今後はAppleのハイレゾ音源完全対応にも期待したくなる…。

毎年9月のAppleの発表の風物詩は、リークされているApple情報だけではなく、想像を裏切るような既存の自らの市場のディスラプトに期待したい。Apple EarPodsとLightningヘッドフォンなどをデビューさせるのは最大の効果的なタイミングだと筆者は妄想しているのだが…。あまり期待せずに、発表を楽しみにすることとする。AppleとNDA(秘密保持契約)を交わしていないからこそ書ける筆者の完全大妄想コラムだ。一つでも当たってくれるとありがたい!