さてさて、

2013年10月22日火曜日に新しいiPadが発表されるらしい。いや、される!

記者への招待状が送付されたからだ!

私達のカバーすべきことは、まだたくさんある!意味深だ!
私達のカバーすべきことは、まだたくさんある!意味深だ!

このところ噂は、噂レベルをこえて、すでにプレスリリースかと思うほどだ。

http://japanese.engadget.com/2013/10/15/10-22-ipad/

当日は、まさに答え合わせの時間でしかすぎないなってしまった。

深夜の生中継にわざわざつきあって、起きていなくても、翌日のアップルストアサイトのメインバナーに発表したことがすべて上がっている。しかも日本語でもだ。

それにも関わらず、発表の瞬間を心待ちにして寝不足になっているのは、期待している以外の製品が出てくるのでは?というあの驚きを体感したいからだ。

ここ数年、そのような「One more thing」をまったく体験できていない。今回もあまり期待しないように望みたい。

また、直近のニュースでは、英バーバリーのCEOだったアンジェラ・アーレンツを小売り・オンライン販売の戦略・事業拡大・執行担当の上級副社長としてハイアーしている。

もしかすると、今回の発表で初登壇するのかもしれない。

さて、今回はiPadシリーズがメインらしい。iPad5 に iPad mini2 

「新しいiPad」とかいう名前は、ぜひ遠慮いただきたい。まったく世代がわからなくなるからだ。

MacBookAirの高性能11インチRetinaもあるのかも?

それと秋発売から年末となったMac Proもそろそろ実機を紹介してもいい頃だろう。

新しいMac OS 10.9のMavericksのダウンロードがあってもいいだろう。

iPod周りも寂しいから、iWatchというギークなトイもそろそろ出しておいていい頃だろう。

そういった意味では、たくさんリリースというのが今回のポイントなのだろう。

さて、実際発売される前にケチをつけているようだが、重さについてだ…。

iPad mini2 でもRatinaディスプレイが採用されそうだが、重くなることの方が問題だ。

iPadもRetinaになることによって50g重くなった。

たかが50gなのだが、これが片手で長時間使うデバイスとなるととても響く! 

森永のホットケーキミックス600gからバスロマンの650gの差は、すでに片手で持てる限度を超えている(笑)

iPadは軽くならない限り、注目に値しない。iPad mimiもそうだ。Retinaになって重くなっては困るんだ。

現在、iPad Retinaを使っているが、iPad2の方が軽いので使用頻度はiPad2に重量の面でダウングレードしているくらいだ。

はっきりいってRetinaの違いがわかる老眼の人はそれほど多くはない。

むしろ、Retinaディスプレイはデスクトップの27インチモニターくらいで展開したほうがいいだろう。今なら80万円くらいでも買う人は買うだろう。

また、プロセッサのスピードアップとか、カメラの精度アップは、もはや当たり前のマイナーアップデートでニュースでもない。

それ以外のアップデートがないと、もはや発表会ってイベントを開催する価値があるのかとも思う。

ニュースリリースだけですむようなイベントならば、やる価値がない。

ぜひ、アップルには、イベントとしてリリースすべきことをリリースしてほしい!ホント期待している。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。