そして、誰もいなくなった… 民主党、管元首相を処分へ

菅元首相に離党勧告へ=拒否なら除名も―民主

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130724-00000043-jij-pol

そして、誰もいなくなった…

小沢氏が離れ、鳩山氏が離れ、そして管氏が…。

東京選挙区、公示日2日前の大河原雅子候補の公認取り消し、そのものがありえなかった。

民主党は、決められない党の実態を露呈してしまった。公認を取り消された大河原雅子候補を説得できずに、無所属で出馬された。それを民主党の管元首相が応援に駆けつけたという状況であった。党内の分裂の構造は誰にでも明確にわかる。

選挙期間中、民主党幹部は黙認していたが、投票日の週が明けて、処分が検討されている。

政治の世界にもしもはないが…、

もしも、大河原さんを細野豪志幹事長が説得し、鈴木寛候補に一本化していたら…

鈴木寛 候補 552,714票

大河原雅子候補 236,953票

合計すると、  789,667票 で

自民党の武見敬三候補の 612,388票と177,279票差で勝利していたのかもしれない。

東京選挙区で2人の候補を擁立しないという戦術は正解であったが、公認しない候補を説得できなかった事と、元首相である菅直人氏の動きを管理できなかった事は敗因のひとつとなった。

菅直人氏は、自身のブログで、

比例は自民党に投票しない「落選運動」の呼び掛け」というブログエントリを残し、現首相である安倍首相を元首相が提訴という異例のアクションを選挙期間中に起こしている。

この行動は、民主党の逆風の中、さらに民主党の政局の責任を取った人の行動とすると、集票行動というよりも、単に自民党への選挙妨害と民主党への謀反としかとりようがない。

当然、これらの行動には意味があり、民主党からの辞任要請は織り込み済みであったであろう。

そして、これから、菅直人氏は今後、どう動くのか?

震災以降、本人の評価と社会の評価には開きがありすぎる。どこの党も彼を招きにくい。原発反対を推す党でさえ、迎えにくいのではないだろうか?

小沢一郎氏の生活の党は、議員を1人も当選させることができなかった。鳩山由紀夫元首相は、政界を離れた後もニュースで「中国側から(尖閣諸島を)日本が盗んだと思われても仕方がない」発言を取り上げられ、その報道を払拭することができず、そのまま民主党を離党した。

菅直人元首相が離れれば、トロイカ体制とかつて呼ばれた最大野党の立役者は、誰もいなくなってしまうことになる。

組織票を盾に集っていた党員が、組織票が当てにならなくなった今、その党をどのように舵取りしていくのだろうか? 政策も違うメンバーが、集票のために乗船していた民主党。集票ができない船には魅力はこれっぽっちもなくなっている。

これはきっと、新たな野党再編時代のはじまりを予感させる出来事なのだろう。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    小池百合子氏「卒業証明書」提示、偽造私文書行使罪の可能性郷原信郎6/6(土) 11:11
  2. 2
    「膝で押さえつけ」「女子部屋に乱入、下着姿を撮影」入管職員の女性への暴行、セクハラ―森法相の責任重大志葉玲6/5(金) 11:52
  3. 3
    竹中平蔵氏「雇用調整助成金を出し雇用を繋ぎ止める…そうではない」 もう静観していてくれないか藤田孝典6/4(木) 13:04
  4. 4
    従順さばかり求める教育にNOを! 夏休み短縮、運動会・文化祭等の中止決定の前に子どもたちに任せよう妹尾昌俊6/6(土) 17:44
  5. 5
    宝塚家族四人殺傷事件の犯罪心理学碓井真史6/5(金) 11:00
  6. 6
    誰でも生活保護は申請できる どんどん生活保護を申請しよう 生活保護申請が増えることを大歓迎する理由藤田孝典6/3(水) 21:05
  7. 7
    都知事選、小池百合子氏は「学歴詐称疑惑」を“強行突破”できるか郷原信郎6/2(火) 11:24
  8. 8
    6月末でのコロナ「非正規切り急増」の危機 「賃下げ」の横行も今野晴貴6/6(土) 19:30
  9. 9
    男女16人参加して11組カップリング。オンライン婚活を開催してみたら「メリットしか感じなかった」件大宮冬洋6/5(金) 18:16
  10. 10
    SNS上の放任できない悪質言論と、放任できない議員立法――総務省の見解を聞いて志田陽子6/6(土) 7:00