【アイスホッケー】新チーム「横浜GRITS(グリッツ)」 アジアリーグ加盟正式決定!!

アジアリーグ加盟が正式に決定した横浜GRITS(Photo:横浜GRITS)

 2003年11月15日に記念すべき最初の試合が行われ、今季も日本、韓国、ロシア(極東地区)の3か国7チームが戦った「アジアリーグ アイスホッケー」は、来季からの新規参戦を申請していた横浜GRITS(グリッツ)の加盟を、今日承認しました。

▼「横浜GRITS」ってどんなチーム?

 「デュアルキャリア」をチームの旗印に掲げ、アイスホッケーに特化する従来のトップチームと異なり、「アイスホッケーだけでなく仕事もする!!」との基本理念を打ち出し、昨年5月に旗揚げしたチームです。

▼日本ではマイナースポーツ…

 男子のアイスホッケーは、冬季オリンピックで必ず最後の金メダルを争うほどの人気競技。

 また、北米のNHL(ナショナル ホッケーリーグ)や、ロシアを中心にヨーロッパの有力なクラブチームが揃うKHL(コンチネンタル ホッケーリーグは、多くの観客を集めています。

 ところが、近年の日本では「マイナースポーツ」として扱われてしまっているのは否めません・・・。

▼チーム名は「やり抜く力」

 自身も慶応義塾大学まで、プレーヤーとして本格的にパックを追いかけていた「GRITS スポーツイノベーターズ(株)=チーム運営会社」の臼井亮人(あきひと)代表取締役は、こう語ります。

 北海道で生まれた私の青春は、文字通りホッケー一色でした。

 夢は実業団チーム で活躍すること。しかし、アイスホッケーだけでは生活が厳しいというシビアな現実を突きつけられます。

 多くの才能が埋もれてしまう、そんな状況を打開したい。

 アイスホッケーに情熱を注ぐ全ての選手が、安心してプレイできる環境を整えたい。それが、私たちが横浜GRITSを立ち上げた理由です。

 チーム名の「GRITS」には「やり抜く力」という意味があります。多くの目に触れるこの大都市を舞台にしてこそ、アイ スホッケーをメジャーにして、「夢」と「生きる活力」に満ちた社会を創っていくことができる。

 私たちは心からそう確信しています。

▼横浜市に初のプロアイスホッケーチーム誕生!

 横浜GRITSの新規加盟により、コクドと西武鉄道の流れを受け継いだSEIBUプリンスラビッツが解散した2009年以来となる「東京と周辺エリアのアイスホッケーチームが誕生」

 さらに加えて、「横浜市初のプロアイスホッケーチーム」が誕生することになります!

 横浜市は全国の政令指定都市の中で、最も人口が多いことはもちろん、観光やグルメでも多くの人が集まる街。

 かつてコクドがホームアリーナとしていた際も、週末の好カードがあると、たくさんのスポーツファンが、朝から新横浜プリンスホテル スケートセンター(現新横浜スケートセンター)へ、やってきました。

Photo:Jiro Kato
Photo:Jiro Kato

 それだけに、横浜GRITSは、日本のアイスホッケーを再び活気づける存在になるかもしれません。