ハワイの人気スポット、ウォールアートはこうして生まれた!

“メンター”としても尊敬されるプライム氏(撮影:伊藤寧章)

 近年はカラフルなウォールアートの街として有名になったハワイ・オアフ島のカカアコ地区。高層コンドミニアムの建設が続き、センスのいいお店は流行の発信地となり、今ハワイで最も注目を集める街の1つです。

 日本では、“インスタ映え”という言葉が流行語にもなっていますが、まさに、ハワイを訪れた人たちが、このウォールアートを撮影している場面をよく見かけます。

 

 とはいえ、これらの絵は一体、誰が何のために描いたものなのか?その理由はあまり知られてはいません。

ハワイに興味を持ってくれたら…

 カカアコにあるウォールアートは、ハワイでアーティストたちの活動をサポートしている「POW WOW Hawaii」という非営利団体によって描かれています。

 そして彼らと活動を共にする「808 Urban」という、もう1つの非営利団体を運営しているのがプライム氏です。

 彼はハワイへの愛と歴史の知識の深さで、人々からメンター(※仕事上、または人生の指導者、助言者)と称えられ、尊敬されています。

 ウォールアートを描くうえで彼が目指したのは、正しいハワイの歴史や文化を絵に取り入れること。それは街中にハワイの歴史をアートというかたちでちりばめることでもあり、知らない人が「これは何だろう?」と少しでもハワイに興味を持ってくれたら、という思いからでした。

 また、この2つの団体は若者たちのサポートにも力を入れており、アートスクールの設立などを通して、未来を担っていく子供たちに、ハワイの伝統や歴史を親しみやすいアートというかたちで伝えています。

サステナビリティの意識

 近年よく耳にする「サステナビリティ」という言葉。「持続可能性」という意味ですが、環境保護活動においてよく使われる言葉です。

 例えば、ハワイ州は米国の州で初めて、ビニールのレジ袋を有料化する法律を決定し、さらに、最近でも、珊瑚に有害な成分を含む日焼け止めの販売が禁止されました。

 このサステナビリティの意識こそ、ハワイの人たちには自然と根付いているのかもしれません。

 美しい自然を守りたいという強い気持ちに加え、かつて王朝があり、その歴史や独特の文化を後世に伝えていきたいと思う気持ちも、「持続可能性」の1つと言えるでしょう。「これからの未来のために」という考え方が自然に存在しています。

 こうして「子供たち」や「次の世代」のことも考えられて描かれたウォールアートが、ハワイではカカアコだけでなく、多くの場所に点在しています。

 ハワイを訪れた人たちが、その画力にエネルギーを感じることはもちろん、ハワイの歴史や、アート活動に励む団体の存在を知るきっかけになることを期待します。

※今回取り上げました「カカアコ」地区で、5月に日本人観光客が襲われる事件がありました。以下、在ホノルル日本国総領事館からの注意喚起です。「警備の厚いワイキキからも離れており、必ずしも治安が良い地区ではありません。訪問の際は、ひと気のない場所に入り込んだり、夜間の一人歩きをしない、公園の公衆トイレの使用を極力控える、不審を感じたらその場を立ち去るなど、十分お気をつけください」(在ホノルル日本国総領事館・平成30年5月29日掲載一部抜粋)