静岡と新潟、どちらの桜が早く咲く? 決着

静岡地方気象台から桜の開花の発表があった(筆者撮影)

静岡で桜の開花の便り

3月27日、静岡地方気象台から桜の開花の便りがありました。去年より1日早く、平年より2日遅い開花でした。

どんよりとした空のもと、標本木で5輪以上咲いた(筆者撮影)
どんよりとした空のもと、標本木で5輪以上咲いた(筆者撮影)

開花から満開までの日数はおよそ1週間から10日ほどといわれています。4月の上旬から中旬には見ごろを迎えそうです。

新潟には勝ったけど

先週、新潟と静岡の桜の生長が同じくらいであるとこのブログでお伝えしました。

2020年の静岡の桜 初めて新潟より開花が遅くなる?

先週いい勝負をしていた新潟からはまだ開花の発表がありません。3月27日の時点で1輪も咲いていないそうです。今週前半に寒気が入ってきたため、生長がゆっくりになったようです。

ただ静岡にとって記録的な開花だったことは間違いありません。

静岡と北陸の桜の開花日(気象庁HPより筆者作成)
静岡と北陸の桜の開花日(気象庁HPより筆者作成)

3月26日は金沢で、3月25日に福井で開花の発表がありました。この時期の気温は金沢や福井は静岡より3度ほど低いです。その金沢と福井の開花発表が、静岡より早かったのです。1953年以降、初めてのことです。

桜には冬の寒さが必要です。北陸には冬に寒気が入ったけれども、静岡までは南下してこなかったのが差として出たと考えられます。

しばらく桜を濡らす雨に

ようやく静岡でも咲いた桜ですが、しばらくは桜を濡らす雨になりそうです。

週間予報(提供:ウェザーマップ)
週間予報(提供:ウェザーマップ)

週間予報を見てみると、雨のマークばかり。来週前半にかけてぐずつきそうです。気温は高めなので、この雨は桜の開花を進める「催花雨」となりそうです。