28日明け方にかけ、静岡県は東部を中心に大雪に警戒を

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

今夜からあす明け方にかけては東部を中心に大雪になって、大雪警報が出る可能性もあります。

午後7時の雪の様子

27日午後7時の解析降雪量(提供:ウェザーマップ)
27日午後7時の解析降雪量(提供:ウェザーマップ)

色がついているところが雪が解析されているところですが、山沿いで雪の範囲が広がってきました。標高が400m以上あるところは雪として降っているようです。

静岡県より東で雪のところが

今後の雨や雪の予想です。

27日午後9時の雨や雪の予想(提供:ウェザーマップ)
27日午後9時の雨や雪の予想(提供:ウェザーマップ)
28日午前3時の雨や雪の予想(提供:ウェザーマップ)
28日午前3時の雨や雪の予想(提供:ウェザーマップ)
28日午前9時の雨や雪の予想(提供:ウェザーマップ)
28日午前9時の雨や雪の予想(提供:ウェザーマップ)

あす明け方までは高速道路が走っている御殿場などでも雪が予想されています。

標高が200~300m付近までは雪として降りますし、もう少し低くても雪が混じりそうです。

予想される雪の量は、あす夕方までの多いところで

西部山地 15cm

中部山地 15cm

東部山地 15cm 東部平地 5cm

伊豆山地 15cm 伊豆平地 5cm

すでに標高の高いところでは道路が真っ白になっています。あすの朝は路面状況にお気を付けください。

あすの朝以降は暖かい空気が入るため、雪は雨に変わっていきそうです。

静岡県や長野県から東で雪

あすは日本海と南の海上を低気圧が進みそうです。この影響で天気が崩れます。

あす午前9時の予想天気図(提供:ウェザーマップ)
あす午前9時の予想天気図(提供:ウェザーマップ)

今回は西日本は山沿いでも雨ですが、静岡や関東甲信で雪のところが出てきます。静岡から東で雪が降るのは、北海道付近の高気圧が理由の一つです。風は高気圧から時計回りに噴き出して低気圧に向かって吹いていきます。県内は東寄りの風が吹き、この風によって寒気が運ばれてくるのです。

あす午前9時の予想天気図(提供:ウェザーマップに筆者加筆)
あす午前9時の予想天気図(提供:ウェザーマップに筆者加筆)

上空750m付近の寒気の様子を見てみると、0度以下の寒気が関東から静岡県、長野付近まで入っていることがわかります。

東風にのって入ってきます。この寒気が入らない地域は山沿いでも雨ですが、これが入る静岡県や関東甲信は標高が高いところは雪になりそうです。

上空750m付近の寒気(提供:ウェザーマップ)
上空750m付近の寒気(提供:ウェザーマップ)

ただあす日中以降は寒気の流れ込みはだんだんに弱まってきます。標高の低いところから次第に雪は雨に変わり、午後は山沿いでも降るのは雨になりそうです。

注意・警戒すべきことは

雪により、東部を中心に大雪警報が出る可能性があります。28日の明け方まで警戒をしてください。

あすの朝には真っ白に積もっているところがありそうですから、山沿いを車で走る場合は、冬用タイヤに変えましょう。

また、交通機関に影響が出ている可能性もあるため、朝は時間に余裕をもってのお出かけがよさそうです。

波も高くなっており、西部や中部の沿岸部に波浪警報が発表されています。

高波にも警戒をしてください。