4月8日の関連記事スクラップ/学術会議・現行組織が望ましいとの報告書案提出/東大生活のネット体験

(写真:アフロ)

【4月8日の関連記事スクラップ/学術会議・現行組織が望ましいとの報告書案提出/東大生活のネット体験】

本日の大学・就職・教育・キャリア関連記事をスクラップ。

木曜は読売が教育面を掲載の曜日。

関連記事は19本と少なめ。全体では、学術会議・現行組織が望ましいとの報告書案提出、東大生活のネット体験、など。

●朝日新聞 3本

学術会議「現行の形望ましい」 梶田会長、科技相に見直し案 独立の余地にも言及(4面・6段)

(経済ファイル)新卒内定率3.2ポイント減(9面・1段)

首都圏私大下宿生、細る生活費 昨春の新入生、1日あたり607円(30面・2段)

●読売新聞 4本

社説 70歳雇用 就労継続に知恵を絞りたい(3面・4段)■

デジタル教科書を問う 本紙アンケート・5 ネットへの接続環境 不十分(12面・5段)▲

東大生活 ネットで体験 現役生が構内ガイド(27面〈都民〉・4段)▲

学術会議改革へ 独立健闘も提示 科技相に提案(29面・3段)

●毎日新聞 2本

学術会議形態 「現行望ましい」 会長、科技相に改革案(4面・3段)

コロナ解雇・雇い止め 10万人に迫る(23面・1段)

●産経新聞 1本

学術会議「現行組織が望ましい」 見直し報告書案を提出(24面・3段)

●東京新聞 4本

社説 「地理」の必修化 防災の実践力を育む(5面・3段)▲

子どものSNS犯罪被害急増 スマホの扱い 親子で対話を 「100%安全はない」(9面・5段)▲

学び直し 自分らしく 修士課程70歳 現役時代の問題意識研究 大学側門戸拡大 1年プログラムや公開講座も(15面・5段)

学術会議 「現行組織望ましい」 見直し素案 担当相に提出(23面・4段)

●日本経済新聞 5本

DX人材、オンライン育成 住商や三菱UFJ銀が研修 米発講座は300社採用 米、再教育の投資惜しまず(12面・6段)■

Nextストーリー「社員シェア」働き方の今(3) ワタミ店長、牛に「おはよう」 食品ロス「命」無駄にしない(12面・2段)

大学入学時期柔軟に 教育再生会議が提言方針 留学生に門戸を拡大 デジタル化、大きな柱に 対面・遠隔、組み合わせ促す(38面・6段)▲

「国の組織のままで」 学術会議、科技相に改革案(38面・5段)

公私立大36校の来年度学部新設など諮問(38面・1段)

※記事タイトル後ろの■■■はYahoo!ニュース個人有料版の「採用担当者がおさえておきたい記事3選」選出記事。■は同・推奨記事。

※※記事タイトル後ろの▲▲▲はYahoo!ニュース個人有料版の「教育関係者がおさえておきたい記事3選」選出記事。▲は同・推奨記事。

本記事では、採用担当者の方に向けて「採用担当者がおさえておきたい記事3選」「教育関係者がおさえておきたい記事3選」と推奨記事、その解説を加筆しています。

本日は合計で約1000字、加筆しました。

この記事は有料です。
教育・人事関係者が知っておきたい関連記事スクラップ帳の定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

サービス名

教育・人事関係者が知っておきたい関連記事スクラップ帳サンプル記事

石渡嶺司

価格

月額550円(初月無料)

月10回程度

この有料記事は2つのコンテンツに分かれます。【関連記事スクラップ】全国紙6紙朝刊から、関連記事をスクラップ。日によって解説を加筆します。更新は休刊日以外毎日を予定。【お題だけ勝手に貰って解説】新聞等の就活相談・教育相談記事などからお題をそれぞれ人事担当者向け・教育担当者向けに背景などを解説していきます。月2~4回程度を予定。それぞれ、大学・教育・就活・キャリア取材歴19年の著者がお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1975年札幌生まれ。北嶺高校、東洋大学社会学部卒業。編集プロダクションなどを経て2003年から現職。扱うテーマは大学を含む教育、ならびに就職・キャリアなど。2018年は肩書によるものか、バイキング、ひるおびなどテレビ出演が急増。ボランティアベースで就活生のエントリーシート添削も実施中。主な著書に『大学の学部図鑑』(ソフトバンククリエイティブ)『キレイゴトぬきの就活論』(新潮新書)『女子学生はなぜ就活に騙されるのか』(朝日新書)など累計30冊・62万部。2021年1月に『就活のワナ』(講談社プラスアルファ新書)を刊行。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。