7月31日の関連記事スクラップ/伊藤忠商事は全社員テレワーク再開/夏休みが短い

【7月31日の関連記事スクラップ/伊藤忠商事は全社員テレワーク再開/夏休みが短い】

本日の大学・就職・教育・キャリア関連記事をスクラップ。

金曜は読売が教育面を掲載の曜日。

関連記事は16本と低調だった。

全体では、伊藤忠商事の全社員在宅勤務の再開、オンライン授業・オープンキャンパス、夏休みの短縮化などが目立った。

朝日は社会面で夏休み短縮のルポ。自治体によっても対応が異なり、学力格差が相当出そう。

日経と読売が伊藤忠商事の全社員在宅勤務の再開について掲載。

●朝日新聞

いちからわかる! 「女性リーダーを3割」政府目標は先送り? 20年前までに達成できず、現状は1割。対策が遅れている(2面・4段)■

コロナ失職 4万人超え 厚労省集計 宿泊業・製造業が最多(7面・4段)

社説 高校の国語 文学と論理 境を越えて(12面・3段)

夏休み 暑すぎ 短すぎ 「最悪っすよ」「しょうがないけど…」 休校の小中 最多は16日、最短9日 夏の授業 エアコンにドリンクバー(27面・5段)

●読売新聞

社説 コロナと虐待 子供の見守り機能を高めたい(3面・4段)

伊藤忠全社員 原則在宅勤務 国内3000人、きょうから(9面・1段)

オンラインでキャンパス見学(15面・6段)

教育ルネサンス 教員の働き方・2 助っ人活用 専門性生かす(15面・5段)

●毎日新聞

オピニオン 記者の目 小池都知事、2期目の課題 女性政策で真価見せて 南茂芽育 東京社会部(10面・5段)

●産経新聞

脚光「完全オンライン授業」 「ウィズコロナ」時代 私立中高一貫校の試み(21面〈東京〉・5段)■

●東京新聞

少年法 20歳未満維持 自公合意「逆送」拡大 18、19歳は厳罰化(6面・3段)

オフィスは必要なのか 在宅が問う 対面の意味(17面〈都心〉・6段)■■■

●日本経済新聞

伊藤忠、再び原則在宅に 社員3000人対象、感染を防止(3面・5段)■■■

KDDIが「ジョブ型雇用」導入 一律の新卒初任給を廃止(13面・3段)■■■

ヒットのクスリ 真夏に成人式のナゼ 祝典の原点見直す(13面・6段)

●日経MJ

ひき肉に透ける家計防衛 7月消費DI 3カ月後「現況より悪化」 好調スーパー、警戒感 家電、猛暑に期待も 人手不足、大幅に緩和 旅行・運輸に過剰感 現況、7ポイント改善のマイナス54(1面・全段)■

※記事タイトル後ろの■■■はYahoo!ニュース個人有料版(採用担当者向け)の「採用担当者がおさえておきたい記事3選」選出記事。

※■は同・選外記事。

※この記事は上記部分までは、石渡嶺司の個人ブログhttps://reiji0.exblog.jp/ で読むことが可能です。

本記事では、読者対象である採用担当者の方に向けて「採用担当者がおさえておきたい記事3選」とその解説を加筆しています。

本日は約900字、加筆しました。

この記事は有料です。
新卒・若手を採用したいなら知っておきたい「最新の就活・大学事情」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

新卒・若手を採用したいなら知っておきたい「最新の就活・大学事情」のバックナンバー2020年7月サンプル記事

石渡嶺司

価格

550(記事31本)

2020年7月号の有料記事一覧

すべて見る

「採用氷河期」が長く続いていますが、企業の新卒採用担当者にノウハウが蓄積されていないのも一因ではないでしょうか。学生の資質、大学や学部の体制やカリキュラム、就活・採用のサービスや制度などが目まぐるしく変化する中、真にアップデートさせなければならないのは、採用担当者の知識と意識です。本連載では、大学・就活取材歴18年の著者が、採用担当者のために本当に必要な最新情報やノウハウを厳選してお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1975年札幌生まれ。北嶺高校、東洋大学社会学部卒業。編集プロダクションなどを経て2003年から現職。扱うテーマは大学を含む教育、ならびに就職・キャリアなど。2018年は肩書によるものか、バイキング、ひるおびなどテレビ出演が急増。ボランティアベースで就活生のエントリーシート添削も実施中。主な著書に『大学の学部図鑑』(ソフトバンククリエイティブ)『キレイゴトぬきの就活論』(新潮新書)『女子学生はなぜ就活に騙されるのか』(朝日新書)など累計28冊・55万部。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。