進路相談13・立命館アジア太平洋大って進学しても大丈夫?

質問:前に石渡さんがかなり否定的としていた、立命館アジア太平洋大(APU)に行くことになりそうです。何がダメなのか、もう一度教えてください。

この件で立命館関係者とAPU関係者から恨み骨髄(らしい)の石渡です。

APUを目指すのであれば、入試成績、推薦入試なら書類などをしっかりしておきましょう。

このAPU、脳科学者の茂木健一郎さんなどの論客やマスコミも評価する国際系大学です。日本人学生もものすごい優秀との評判。

私も日本人学生の半数以上が優秀という点は全くその通りと思います。実は大学とは無関係に学生持ち込み企画で2013年にAPU学内で就活講演をしたことがあります。

この企画を持ち込んでくれた学生グループとちょっと話をしましたが、フィンランドに留学した学生と香港に留学した学生がそれぞれいて話を聞いて、こいつらすげえな、というレベル。

就活対策とか考えなくてもどこかには受かるくらいの優秀さで感心しました。

その私・石渡がAPUの評価を引き上げないか、と言えば理由があります。

優秀な学生が半数以上いるにも関わらず、日本人学生の1~2割はぱっとしません。

その理由は外国人学生と一緒に生活する国際寮にあります。

この国際寮に入れれば、嫌でも外国人留学生と接点を持つことになります。

その分、グローバル人材にもなっていくでしょう。

では、日本人学生が全員入れるか、と言えばそんなことはありません。

入れるのは日本人学生の半分。

それも、入試成績などで決まります。

では、入れなかった日本人学生は全員ダメ?

いえ、そうではありません、ここでさらに分かれます。

寮に入れなくても、せっかくAPUに入ったのだから、と外国人留学生と接点を持とう、とする日本人学生はまだ救われます。

通常の講義以外でもサークル活動や自主的な勉強など、機会はいくらでもあります。

ただし、その機会、というのは与えられるものでなく、自分から作るものです。

ここで、寮に入れなかった日本人学生のうち、ざっくり言って約半数は自分から機会を作るので、問題ありません。

問題はさらに残った半分。

国際教養大(定員175人)など小規模校であれば逃げ場はありません。

しかし、APUは2学部合わせて1200人。日本人学生が600人として、寮に入れない・積極的でない日本人学生は推定150人。なんと、国際教養大と同じくらいの規模。

つまり、留学生とうまく行かない日本人学生同士でコミュニティを作れてしまうのです。

実際、私が取材したところでは、4年間、最後まで留学生と接点をうまく作れなかった日本人学生は1~2割います。

しかも、中退率はアジア太平洋学部10.1%、国際経営学部14.0%と低い数値ではありません。

優秀な学生が多いことは素晴らしいですが、できない学生1~2割もちゃんとケアするべきです。

それができないから2000年開学当初は京都本校の経営学部と同じくらい高かった偏差値が低迷しているのではないでしょうか。

という話はさておき、あなたがAPUを目指すのであれば、まずは国際寮に入ることを全力で目指しましょう。

もし、ダメなら引っ込み思案かどうかに関係なく、サークル活動や自主的な勉強会などで外国人留学生とどんどん接点を持つことです。

そういうのができなそう、というのであればAPUはやめておいた方がいいでしょう。

中退しなくても、日本人学生同士で固まっているだけの学生なんて、企業側からすれば期待外れもいいところなのですから。

※『時間と学費をムダにしない大学選び2016』(中央公論新社)より引用

1975年札幌生まれ。北嶺高校、東洋大学社会学部卒業。編集プロダクションなどを経て2003年から現職。扱うテーマは大学を含む教育、ならびに就職・キャリアなど。2018年は肩書によるものか、バイキング、ひるおびなどテレビ出演が急増。ボランティアベースで就活生のエントリーシート添削も実施中。主な著書に『大学の学部図鑑』(ソフトバンククリエイティブ)『キレイゴトぬきの就活論』(新潮新書)『女子学生はなぜ就活に騙されるのか』(朝日新書)など累計28冊・55万部。

有料ニュースの定期購読

新卒・若手を採用したいなら知っておきたい「最新の就活・大学事情」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月2回程度
「採用氷河期」が長く続いていますが、企業の新卒採用担当者にノウハウが蓄積されていないのも一因ではないでしょうか。学生の資質、大学や学部の体制やカリキュラム、就活・採用のサービスや制度などが目まぐるしく変化する中、真にアップデートさせなければならないのは、採用担当者の知識と意識です。本連載では、大学・就活取材歴18年の著者が、採用担当者のために本当に必要な最新情報やノウハウを厳選してお届けします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    子供を助けようとして親が溺れる原因 そして親子とも生還するためには?斎藤秀俊8/7(金) 10:00
  2. 2
    SNSを書かないお盆の国内旅行事情。飛行機利用の「withコロナ」の新たな旅スタイルが始まった鳥海高太朗8/10(月) 10:36
  3. 3
    「倍返し」のためならなんでもあり? 半沢直樹が再び犯した検査忌避罪とは前田恒彦8/9(日) 9:00
  4. 4
    帰省した人に「さっさと帰れ」と中傷ビラ - コロナ禍の夏に思う今必要な覚悟原田隆之8/10(月) 9:30
  5. 5
    さらに強まる太平洋高気圧 11日(火)の宮城県は2020年の暑さのピークに小杉浩史8/10(月) 19:32
  6. 6
    末子の年齢別に「仕事あり」の母親の割合をさぐる(2020年公開版)不破雷蔵8/10(月) 9:06
  7. 7
    太平洋高気圧の強化で台風5号は北へ、そして「熱中症警戒アラート」饒村曜8/10(月) 5:00
  8. 8
    戦後75年『ガンダム』から見る戦争(後編)「顔を見えなくしているもの」安彦良和氏の視座(写真13枚)玉本英子8/9(日) 11:00
  9. 9
    学校で掃除の時間は本当に必要?【後編】 コロナで見つめなおす、学校の「当たり前」妹尾昌俊8/10(月) 18:21
  10. 10
    学校で掃除の時間は本当に必要?【前編】 コロナで見つめなおす、学校の「当たり前」妹尾昌俊8/10(月) 18:11