東京オリンピック・パラリンピックも終わり、夏も終わりました。パラリンピックの閉会式を家でテレビで見た人も多かったのではないかと思います。

以前、東京メディアセンターの紹介をしましたが、その1階には東京2020公式ライセンス商品の売り場もあり、公式グッズを手にしたみなさんもいらっしゃいました。

そして、東京オリンピック・パラリンピックが終わると、その公式グッズの販売も終わってしまっているんだろうなあと思ってしまうのが、人の心理というものなのでしょうか。

実際、東京オリンピック・パラリンピック公式ショップのリアル店舗の方は連休の最終日である9月20日で閉店するところもいくつかあり、残すは2店舗のみとなっています。

https://tokyo2020shop.jp/contents/official_shop

とはいえ、東京オリンピック・パラリンピック公式オンラインショップが今まさにセールという状況をなんかうまく飲み込めていない私がいます。

https://tokyo2020shop.jp/important_news/1061

とはいえ、せっかくの東京オリンピック・パラリンピックの公式グッズということで改めて、東京オリンピック・パラリンピック公式オンラインショップを見てみました。

すると、まだまだ気になる商品がたくさんあります。アシックス製の選手団公式レプリカモデルなんて、ちょっといいですよね。でも、これはさすがにもうメンズの大きいサイズのものしか残っていませんでした。

▼メンズ GEL-QUANTUM 360 TYO シューズ 選手団公式レプリカモデル(アシックス)

https://tokyo2020shop.jp/products/detail/4069

記念品という意味では、残念ながら、在庫切れになってしまっていますが、「招き猫 ぬいぐるみ」なんて、ホントちょっと欲しかったです。

東京2020オリンピック:招き猫 ぬいぐるみ(ショット作成、著者)
東京2020オリンピック:招き猫 ぬいぐるみ(ショット作成、著者)

https://tokyo2020shop.jp/products/detail/3459

また、こういうピンバッジなんて、記念品の中でも特別感あっていいですよね。

▼Olympic Heritage 額装ピンズコレクション

https://tokyo2020shop.jp/products/detail/4877

また、今回の東京オリンピック・パラリンピック公式グッズでは、アート的な展開として、マンガのアートワークも注目されていました。そして、それもまだ、確認した時点では、購入できます。これ、普通に欲しい人たち、まだまだいるんじゃないかと思います。

▼ポスター(東京2020オリンピック公式アートポスター) 浦沢直樹

https://tokyo2020shop.jp/products/detail/4542

▼Tシャツ(東京2020パラリンピック公式アートポスター)荒木飛呂彦

東京2020パラリンピック公式アートポスター荒木飛呂彦氏の作品がプリントされたTシャツ
東京2020パラリンピック公式アートポスター荒木飛呂彦氏の作品がプリントされたTシャツ

https://tokyo2020shop.jp/products/detail/4706

ただ、純金製の記念メダリオンは110万円の大も33万円の小も、まだ予約購入できるところが、購入者の気持ちをさらに混乱させているのかもしれません。

▼記念メダリオン 純金製 大

https://tokyo2020shop.jp/products/detail/4759

※公式オンラインストアからすでに商品が削除されていました

▼記念メダリオン 純金製 小

https://tokyo2020shop.jp/products/detail/4760

いずれにせよ、東京オリンピック・パラリンピック公式グッズに興味があれば、一度見てみることをおすすめします。購入に至らなかった理由が値段であった人もいるでしょうし、この後2021年の東京オリンピック・パラリンピックの話をするきっかけになるようなものを今から購入しても、けっして遅いということはないと思うのです。

・東京2020公式ライセンス商品「きっと一生モノになる」