コロナ離婚危機は熟年離婚を予防する最後のチャンス

離婚する前に考えてほしいこと(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

新型コロナウィルスの蔓延で児童虐待やDVなどが急増

 新型コロナウィルスの蔓延によってテレワークが広がり、医療崩壊の恐れから緊急事態宣言が発令されました。これによって自宅で過ごす時間がかなり増えた方が多いと思います。

 家族が一緒に過ごす時間が多くなると様々な揉め事が起きるようです。欧米では既に児童虐待やDVなどが急増して、国連も注意喚起をしています。

コロナ離婚危機の延長に熟年離婚

 ネットではコロナ離婚に関しての記事が増えてきています。ではコロナ離婚を回避するうまい方法はあるのでしょうか?以前から私は熟年離婚や夫源病に関して様々なコメントをして参りました。熟年離婚や卒婚は夫の定年後くらいから増えるようです。日ごろから上から目線で支配的な夫が毎日家にいることによって妻のストレスが限界に達して、熟年離婚や別居を切り出すようです。

 定年までは「亭主元気で留守がいい」と接触する時間がかなり少なかったので、ストレスはあるものの何とか乗り切っていたのでしょう。 

 上から目線で支配的な夫も悪いのですが、それに文句を言わずに耐え忍ぶ妻にもある程度の問題があるように思います。

 熟年で離婚されると弱るのは夫の方です。あるデータでは定年後に離婚した妻は元気に、離婚された夫は早死にするようです。つまり熟年期まで問題を引っ張ってしまうのは双方にとって、特に男性にとって好ましいことではありません。

 今回の新型コロナウィルスの蔓延で家庭生活の問題点があぶり出されたと思います。ここはマイナスに考えずに、熟年離婚を予防するためにどうすればよいのかを考えてみましょう。

共に依存しない夫婦関係を

 まずは夫婦ともにお互いに依存することを少なくすることです。夫は妻に生活依存、妻は夫に経済依存をしている場合が多いようです。お互いに依存をしているので少々不満があっても我慢しているのが現状でしょう。

 今回の新型コロナウィルスの問題が終息したときには働き方が大いに変わると専門家が予想しています。在宅勤務やテレワークが広がり、女性が働きやすくなると考えられています。

 一方、IT等の知識が疎い中高年男性は会社のお荷物となりリストラの対象にもなりかねません。女性が働きやすくなることは間違いなさそうなので、ぜひこの機会に経済的自立を目指したらどうでしょうか?

 一方、男性は食事や洗濯など日常の生活を女性に頼っていることが多いと思います。在宅勤務になって、お茶やコーヒーと妻を呼び立てる、昼になると「ご飯は何だ!」と催促をする。こんな生活が長く続くと妻の不満が大きくなるのは当然です。昼食やお茶などは妻に頼らずに自分でやってみてはいかがでしょうか?

 夫婦ともに家にいる時間が長くなりますので、仕事の合間に家事を分担することを話し合ってみましょう。分担が決まれば、よほどのことがない限り言い訳せずに頑張りましょう。

ワンオペ育児が熟年離婚の根深い原因

 今回のように休校が長くなると子育てに関してもトラブルが発生します。休校になって1番困るのはお母さんたちです。これは子育ての大部分を妻に依存してきたために起こることです。熟年離婚の原因の1つに子育て時代の不満というのがあります。

 若い頃に子育てを妻に一任する、これを最近では「ワンオペ育児」といい、その不満がどこかで爆発します。子育ての不満から早々に離婚をする女性、つまりシングルマザーが増えています。

 子供のためと我慢して頑張っても、夫が定年を迎える頃にその不満が吹き出して熟年離婚につながります。子育て世代は在宅勤務をチャンスと捉えて、もっと積極的に子育てに関わってみてはどうでしょうか?

在宅勤務は家族関係を見直すチャンス

 熟年男性にとっては離婚も恐ろしいですが、子供たちが相手にしてくれないと言う悩みもあります。暇になってから自分が関わってももう遅いのです。小さい時から子供たちに積極的に関わることが、自分が年老いた時も子供との交流がうまくいく秘訣だと思います。

 そして、円満夫婦生活を維持するためには愛情よりも、感謝と思いやり・尊敬が大切です。

 相手が何かしてくれたら、当たり前だと思わずに感謝をする、お互いの生活や活動を尊重し、縛り付けるよりも応援する姿勢が大切だと思います。この気持ちがないままに、いくら家事や育児を一生懸命やってもあまり効果はないでしょう。

 在宅勤務でコロナ離婚が危惧される昨今ですが、この際夫婦で話し合って、今までの膿を出し切り、新しい家族を構築してみてはいかがでしょうか?