シャープが「格安5Gスマホ」を発売

シャープが来春発売する「AQUOS sense5G」

 今年3月からNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクで始まった5G。しかし、契約者は伸び悩み、低空飛行が続いている。

 原因は、コロナ禍によるキャリアショップの営業時間短縮やプロモーションの中止、さらに昨年10月の電気通信事業法改正によって、スマホの割引販売が大幅に規制されたことが大きい。

 これまで発売された5Gスマホはほとんどが10万円以上もするため、なかなか手が届きにくいとされていた。

 そんな中、シャープは「格安5Gスマホ」とも言える製品を投入する。

来春発売のAQUOS sense5Gは、これまで格安スマホ市場で販売してきたコストパフォーマンスに優れたAQUOS senseシリーズの文字通り5G版。

現行モデルであるAQUOS sense3は、NTTドコモなどでは3万円台前半、家電量販店で売られているSIMフリー版は3万5000円というのが相場であった。

今回の5G対応版となるAQUOS sense5Gは、それよりも数千円程度の値上げでおさまると見られている。つまり、5Gスマホが4万円程度で買えてしまうということになるのだ。

気になるスペックだが、日本メーカーであるシャープが手掛けるということで、おサイフケータイと防水性能に対応。

チップセットはSnapdragon690 5Gで、CPU性能は現行モデルと比べて2.4倍も向上。一方で、液晶は新世代IGZO、電池は現行モデルよりも14%増量することで、普段使いで1週間の電池寿命を実現している。5Gだからといって「すぐにバッテリーが消耗する」ということはないのだ。

注目は「テザリングオート」機能。自宅に帰ると、自動的にテザリングがオンになるという。一人暮らしであれば、固定のインターネット回線は辞めてしまい、5Gの使い放題プランに一本化。家中のWi-Fi機器の接続をスマホにまとめてしまうなんてことができてしまう。これは学生や社会人を中心に人気が出そうだ。

現在、最も安い5Gスマホは中国メーカーのファーウェイやシャオミの4万円台だが、いずれもおサイフケータイや防水などには非対応だ。

そんな中、シャープは中国メーカーの5Gスマホにも十分に対抗できる価格帯となっており、「お安く、使い勝手のいい格安5Gスマホに乗り換えたい」というニーズを満たしてくれそうだ。

カメラも3つ搭載され、スペック的にも申し分ない
カメラも3つ搭載され、スペック的にも申し分ない
開発を担当したシャープ通信事業本部パーソナル通信事業部商品企画部・清水 寛幸課長(手前)と通信事業本部 パーソナル通信事業部・小林 繁事業部長
開発を担当したシャープ通信事業本部パーソナル通信事業部商品企画部・清水 寛幸課長(手前)と通信事業本部 パーソナル通信事業部・小林 繁事業部長

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。