楽天モバイルが赤字覚悟で捨て身のサービスを開始  石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.367

写真提供:楽天モバイル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石川 温の「スマホ業界新聞」

2020/04/11(vol.367)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《目次》

1.楽天モバイルがサービス開始日にローミングを5GB、超過時1Mbpsに改定

━━「赤字覚悟で捨て身の作戦か」業界から相次ぐ心配の声

2.コロナ騒動で遠隔授業、テレワークの需要拡大

━━5G時代のキラーアプリは「オンラインミーティング」か

3.アップルとGoogleが濃厚接触の可能性を検出する技術でダッグ

━━スマホこそ感染拡大防止に貢献できる最良のツール

4.今週のリリース&ニュース

5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.楽天モバイルがサービス開始日にローミングを5GB、超過時1Mbpsに改定

━━「赤字覚悟で捨て身の作戦か」業界から相次ぐ心配の声

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月8日、楽天モバイルが本格的にサービスを開始。その朝、2.0として、サービスの改定を発表したのには驚いた。ローミングエリアでの上限を2GBから5GBにするだけでなく、超過時の速度制限を128kbpsから1Mbpsにしたのだ。

ユーザーの立場とすれば、今回の改定により、楽天モバイルが一気に魅力的に見えるようになった。運よく楽天モバイルのエリアであれば使い放題、使えなくてもauネットワークが5GBまで使え、使い切っても最大1Mbpsでつながってしまう。相当、競争力を増したと言えるだろう。

ただ、業界関係者の目線で見れば、「楽天モバイル、大丈夫か」と本気で心配になってくる。料金プランは2980円なのに、KDDIに2500円も支払うとは驚きだ。しかも、わずか数百円しか残らない中で、携帯電話事業を運営し、さらにこれから2万以上の基地局を全国に敷設していかないといけない。

三木谷浩史会長の「大盤振る舞い」といえば聞こえはいいが「赤字覚悟の捨て身」にも見えてしまう。

この記事は有料です。
石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバー2020年4月サンプル記事

石川温

価格

550(記事4本)

2020年4月号の有料記事一覧

すべて見る

日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ