総務省の研究会を傍聴して抱く「時代遅れ感」 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.309

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石川 温の「スマホ業界新聞」

2019/01/26(vol.309)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《目次》

1.総務省のモバイル研究会で「UQとWCPの二種指定」を議論

━━なぜ、3分の1ルールを見直すところから始められないのか

2.総務省の研究会を傍聴して抱く「時代遅れ感」

━━5GやIoT時代を見据えた議論は期待できないのか

3.総務省がキャリアの下取り端末の流通に関する調査に着手

━━「国内より海外のほうが高く転売できる」という事実に目を背けるのか

4.今週のリリース&ニュース

5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.総務省のモバイル研究会で「UQとWCPの二種指定」を議論

━━なぜ、3分の1ルールを見直すところから始められないのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月22日、総務省でモバイル市場の競争環境に関する研究会(第7回)が開催された。

議論のなかで気になったのは二種指定の話だ。UQコミュニケーションズやWireless City Planningなどに対して、すでにシェアが10%を超えていることもあり、二種指定にすべきではないか、と議論を進めつつあるのだ。

二種指定にすることで、経営の透明性を高めるとともに、MVNOが対等に交渉できるようにするためだ。

総務省の議論では、かつて「サブブランド潰し」とも言われ、UQコミュニケーションズやワイモバイルが槍玉に上がっていたりもした。総務省としては、MVNOを盛り上げる上で、UQコミュニケーションズが「目の上のたんこぶ」と思っている節がある。

ただ、これからUQコミュニケーションズやWireless City Planningを二種指定して、接続料の算定方式を作っていくというのも、かなり無理な議論だと思う。

この記事は有料です。
石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバー2019年1月サンプル記事

石川温

価格

550(記事4本)

2019年1月号の有料記事一覧

すべて見る

日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。