グーグルが日本語対応スマートスピーカーを発売

グーグルが発表したスマートスピーカー「Google Home」
グーグルが発表したスマートスピーカー「Google Home」

グーグルは音声アシスタント機能に対応したスピーカー「Google Home」の日本語対応版を10月6日から発売すると発表した。

Google Homeはアシスタント機能に対応した、音声で動作するスマートスピーカーだ。

すでにアメリカなどでは発売されていたが、ようやく日本語に対応し、日本で発売されることになった。

Google Homeは、例えば「おはよう」と話しかければ、時刻やその日の天気、カレンダー、交通情報、ニュースなどを音声で読み上げてくれる。

また、料理をしている際、「タイマーを3分、お願い」と話しかければ、3分を図って教えてくれる。

ほかにも、「JUJUの曲を再生して」と話しかければ、該当する音楽を再生するだけでなく、「音量を7に上げて」といえばボリュームが上がり、「次の曲」といえば、次の曲にスキップするようになる。

また「〇〇座の運勢は」「豆知識を教えて」「早口言葉を言って」「ダジャレを言って」というような雑談にも答えてくれるという。

Google Homeは6人の声を聞き分ける能力をもっており、家族それぞれのスケジュールを個別に教えてくれたりもする。

さらに、家電との連携も可能となっており、 Google Homeに「Youtubeで〇〇見せて」と話しかければ、Chrome castに対応したテレビでその動画が再生することもできる。

Google Home miniは6000円で10月23日発売となる。
Google Home miniは6000円で10月23日発売となる。

今回の Google Home日本語版の発売に向けて、朝日新聞やNHKラジオニュース、TBSラジオ、日経電子版、ニッポン放送、毎日新聞、ラジオNIKKEIなどがニュースのコンテンツ提供を行う。

音楽・動画関連でも、Google Play Music、Spotify、Netflix、ラジコ、Youtubeが対応する。

Google Homeは10月6日より1万4000円(税抜)で、Googleの直販サイトや家電量販店で発売される。また、10月23日からは小型版のGoogle Home Miniが6000円(税抜)で発売される予定だ。

スマートスピーカーは、グーグルのほかにもLINEやアマゾンが年内に発売を予定しており、早くも競争が激化しそうだ。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額540円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。