auが月額1980円で音声も使える「格安スマホ潰し」プランを投入

KDDIは新しい料金プラン「auピタットプラン」を2017年7月14日より提供開始する。

auピタットプランは2980円からの5段階の定額料金が自動的に適用されるようになる。ユーザーによって、毎月、使うデータ容量にバラツキがあるものだが、今回の料金プランにより、毎月の利用状況に応じて、最適なプランが適用されるため、無駄なくデータ容量を使えるようになる。

実際、現行のプランと比較すると、かなりお得になるプランだ。例えば、1GBの場合、これまでは4900円だったが、新プランでは2980円までに値下げされる。

新料金プランは機種変更や端末購入なども不要で、料金プラン変更手続きを行うだけで、適用される。

音声プランに関しても、回数無制限でかけ放題の「カケホ」、1回5分までのかけ放題「スーパーカケホ」、かけ放題のない「シンプルプラン」の3つから選べる。

また、auでは翌月から1年間、月額1000円を割り引く「ビックニュースキャンペーン」を展開する。

月1GB未満の場合、音声通話料金込みで、毎月1980円で利用することが可能だ。ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルや、KDDIのグループ会社であるUQモバイルと比較しても、かなり魅力的なプランと言える。

auピタットプラン(スーパーカケホ)では、1GB未満なら1980円、2GB以下は2980円、3GB以下で3480円、5GB以下は4480円、5GBを超えると5480円となる(キャンペーン適用時)。

一方、毎月のように5GBを超えている人には「auフラットプラン」が用意されている。この場合、音声プラン・スーパーカケホ込みで、20GBで4500円、30GBで6500円という値付けになっている。

毎月、あまり使わない、月によってバラツキがある人は「auピタットプラン」、毎月、大量に使う人は「auフラットプラン」という選び方になる。

今回、KDDIが「格安スマホ潰し」とも言えるプランを投入したことで、今後、NTTドコモやソフトバンク、さらには格安スマホを巻き込んだ料金競争に発展しそうだ。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額540円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。