iPhone 6 /6Plusを1週間、使ってみた

9月19日に発売となるiPhone 6 Plus(左)とiPhone 6

9日にアップルが発表した「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を1週間、使う機会を得た。これまで1年間、iPhone 5sのユーザーであったが、とても満足して使っている。

iPhone 5sとの比較。iPhone 6が大型化されているのが良くわかる
iPhone 5sとの比較。iPhone 6が大型化されているのが良くわかる

特にお気に入りはiPhone 6だ。4.7インチに大画面化されたが、手に持った感じはあまり大きくなった印象はなく、iPhone 5sとの違和感はあまりない。おそらく、本体が薄型化され、さらに側面が丸みを帯びたデザインになっているからだろう。iPhone 5sユーザーなら、すんなりiPhone 6を受け入れられるはずだ。

一方、1週間使ってもなお「大きい」と感じたのがiPhone 6 Plus。5.5インチで、本体は薄く、側面も丸みを帯びているのだが、正直言って、片手での操作はかなりの慣れが必要だ。今回、ホームボタンを2回タッチすると表示が下半分にズレる機能も備わっているが、片手でアイコンをタッチしたり、文字入力するにはかなりつらい。

だが、一方で5.5インチの大画面は素晴らしい。映像コンテンツや電子書籍などは見やすく、これがあれば7インチクラスのタブレットは不要と思えるサイズ感となっている。

ガーナチョコよりiPhone 6 Plusは薄く丸みを帯びているので持ちやすい
ガーナチョコよりiPhone 6 Plusは薄く丸みを帯びているので持ちやすい

ちなみに、男性のYシャツやズボンの尻ポケットにも入れてみたが、何とか入るサイズであった。ネットで話題のロッテ「ガーナチョコレート」を比較してみたが、iPhone 6 Plusのほうがちょっと小さかった。

iPhone 6 /6 Plusともに画面部分がなめらかに処理されており、とにかく「美しいスマホ」に仕上がっている。iPhone 5sでも満足度が高いデザインであったが、iPhone 6 /6 Plusになって、質感はさらに向上したと思える。

カメラに関しては、画素数は従来通りの8メガピクセルであるが、新型センサーを搭載し、手ぶれなどの撮影に強くなっている。

特に面白いのが「タイムラプス」撮影だ。撮影した動画を早送り再生できる機能であるが、高速道路を走行中のクルマからの風景や、飛行機の離陸時、スクランブル交差点を人が行き交う様子を撮影すると、被写体がちょこまか動く様子がとにかく楽しい。また、iPhone 6 / 6 Plusでは自分撮りの機能も1秒に10枚撮影できるなど強化されている。

とにかく「何も考えず、簡単に綺麗に撮れるカメラ」として申し分のない出来に仕上がっている。

また、使っていて、便利なのがiMessageだ。今回から、簡単にボイスメッセージや動画、静止画、現在地が送れるようになった。LINEやFacebookメッセンジャーでも同様のことは行えるが、サブメニューから呼び出したりと結構、面倒だ。

しかし、iMessageではとにかく簡単に片手操作で行えるのが魅力で、素早いレスポンスで会話を楽しめるようになる。

あまりに簡単すぎて、間違って送ってしまいそうにもなるが、このスピーディーさはかなり快適だ。

iPhone 6 / 6 Plusは既存のiPhoneユーザーが機種変更しても満足できるし、スマホが初めてと言う人にとっても余計な設定メニューが少なくわかりやすくできている。まさにiPhone 6 / 6 Plusは完成度がさらに高まったと言えそうだ。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額540円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    意外に難しい死因「老衰」 榎木英介6/15(土) 6:15
  2. 2
    ゆりやん米国番組出演の大反響から考える、世界における日本の「お笑い」の可能性 徳力基彦6/14(金) 1:40
  3. 3
    あなたの街は大丈夫?〜「受動喫煙」対策不備「50万円の罰則」は官公庁にも 石田雅彦6/17(月) 11:23
  4. 4
    「受動喫煙」の正しい知識を広めたい〜タバコ問題の専門家に聞く改正健康増進法 石田雅彦6/17(月) 9:00
  5. 5
    子供が使っているインターネット機器はどのようにして手に入れたのだろうか(2019年公開版) 不破雷蔵6/17(月) 9:03
  6. 6
    子供が使っているインターネット利用機器としてのパソコンは専用か保護者と共用か(2019年公開版) 不破雷蔵6/17(月) 11:33
  7. 7
    「アップルはアマゾンに毎月30億円を支払っている」、AWSはiPhoneの重要なサービス基盤に 小久保重信6/15(土) 19:31
  8. 8
    「安倍首相はトランプ大統領の親書を尻に敷いた」デマ広がる。発信元はイランの保守派か(追記あり) 篠原修司6/15(土) 19:39
  9. 9
    小中高校生がタブレット型端末でしていることの中身をさぐる(2019年公開版) 不破雷蔵6/16(日) 11:37
  10. 10
    バズフィードと琉球新報が「ファクトチェック」で国際原則とかけ離れた記事、恣意的な運用の恐れ 藤代裕之6/13(木) 18:06