iPhone 5s/5cを1週間使ってみた

9月20日に発売となるiPhone 5sとiPhone 5c(手前)

9月20日に発売となるiPhone 5s/5cを一足先に1週間使える機会を得た。

指紋認証機能により、セキュリティ面でも安心して使用できるのが嬉しい
指紋認証機能により、セキュリティ面でも安心して使用できるのが嬉しい

iPhone 5sは、入手したのがシルバー色ということもあり、見た目はiPhone5とほとんど変わらない。唯一、見た目の違いがあるとすればホームボタン。指紋認証機能が備わっており、あらかじめ指紋を登録しておけば、4桁の暗証番号を入力しなくても、指紋だけでロックを解除できる。実際にやってみたが、指を軽く触れるだけでロックが解除されるのでかなり便利だ。もはや、暗証番号入力には戻れないほどだ。さらにアプリや音楽を購入する際も、パスワードの入力が不要で、指紋をタッチするだけで買えるようになる。ちょっと未来っぽくて、とても格好いい。

また、地味ながらも大きな変化として注目しておきたいのがカメラ性能。iPhone5と同じ800万画素であるが、ひとつひとつセンサーが大きくなっており、暗闇での撮影に強くなった。実際に撮り比べても、iPhone 5sのほうが被写体をハッキリととらえることができている。飲み会やパーティなどでの撮影に威力を発揮しそうだ。

写真ではわかりづらいのが残念だが、高い質感を誇るiPhone 5c。
写真ではわかりづらいのが残念だが、高い質感を誇るiPhone 5c。

一方、iPhone 5cは、本体カラーが5色展開となり、カラフルなラインナップが特長だ。事前の報道では「プラスチック」で「廉価版」と言われており、安っぽいイメージが先行していたが、実際に触ってみると、全くそんなことはなく、むしろ「質感が高い」と驚いてしまうほどだ。このいい意味での「違和感」は是非とも店頭で実機を触って確かめてもらいたい。

とにかく、カジュアルな存在なので、気軽に持ち歩けるというのが嬉しい。スマホというと、ちょっとかしこまったイメージがあるが、iPhone 5cはガラケーのような親しみやすい色使い、質感になっており、これまでスマホを使ったことのない人でも、気軽にデビューできそうな雰囲気を持っている。

機能面においては、従来のiPhone5とほぼ同等なので「スペックや性能よりも見た目」を重視する人に最適だろう。

また、今回のiPhoneからNTTドコモが取り扱いを開始。KDDIではプラチナバンドLTEに対応するようになった。実際、駅ビルやホテルの中で、従来のiPhone5と比較してみたが、iPhone5で3Gしか入らないところでも、iPhone 5cならLTEが受信できた。プラチナバンドによりLTEのエリアが格段に広くなったという面でも注目に値すると言えるだろう。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額540円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ