ソニーが世界最大6.4インチ「Xperia」を発表

ソニーが発表した6.4インチの「Xperia Z Ultra」

スマートフォンとタブレットの中間のサイズを狙ったXperia Z Ultra
スマートフォンとタブレットの中間のサイズを狙ったXperia Z Ultra

ソニーモバイルコミュケーションズは、6月25日、上海において今夏投入予定の大型スマートフォン「 Xperia Z Ultra」を発表した。

Xperia Z Ultraは、フルHDで世界最大6.4インチの大型ティスプレイを採用。 薄さも世界最薄の6.5mmに仕上がっている。デザインテイストはXperia Z、Xperia tablet Zに近いものとなっている。

大きさはまさにXperia ZとXperia tablet Zの中間に位置する。ここ最近、スマートフォンより大きく、タブレットよりも小さい「ファブレット(Phablet)」という製品が出始めているが、まさに Xperia Z Ultraは Phabletを代表する機種となりそうだ。

電話として通話も行えるし、大画面でWebや動画の視聴も見やすい。タブレットとしては持ちやすいサイズ感になっており、解像度が1920×1080ピクセルのフルHDということで、映画であれば画面サイズにぴったりの表示で楽しめる。いま、7インチのタブレットが人気だが、それらに負けない迫力で映像を再生することができるのが魅力だ。

また、ディスプレイはソニーの「X-Realty for mobile」という超解像技術を採用することで、画像の失われている画素を復元し、もともとぼやけていたような動画もクッキリとした画質で再生できる。

CPUは最新の2.2GHzのクアルコム製Snapdragon800を採用。NFCを搭載し、防水・防塵性能も備える。

実際に Xperia Z Ultraを持ってみると、大きさの割にとにかく軽く感じ(重さは212グラム)、携帯性に優れている。 Xperia Z Ultraではペン入力に対応し、細いペンを使っての手書きメモもやりやすい。「タブレットとスマートフォンの2台持ち」をしている人であれば、これ1台ですべてのニーズを満たせる作りになっている。

日本での発売が期待されるが、残念ながら、いまのところ日本での展開は「未定」となっている。

画像

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ