ソニーが極薄「Xperiaタブレット」を開発

10インチクラスでありながら500gを切ったXperia Tablet Z

ソニーモバイルコミュニケーションズは、今春日本市場に向けに「Xperia Tablet Z」を投入することを明らかにした。

Xperia Tablet Zは、画面サイズが10.1インチでありながら、薄さ6.9mm、重さ約495gという超薄型軽量設計である点が最大の特徴だ。従来モデルとは異なり、平ぺったい板になっており、カバンに入れても全く邪魔にならない。10インチタブレットは、使い勝手が良くても、重量があるため、あまりモバイルとして使わなくなってしまう傾向が強いが、Xperia Tablet Zは、軽量であるため「普段も持ち歩いて使いたい」と思わせる10インチタブレットに仕上がっている。デザインテイストは先日、発表になったスマホ「Xperia Z」と共通化されており、質感がかなり高いのも魅力だ。

先日発表になったXperia Zとデザインテイストを共通化している
先日発表になったXperia Zとデザインテイストを共通化している

Xperia Tablet Zは、1.5GHzのクアッドコアCPUを搭載し、Android4.1が採用されている。極薄設計でありながら、防水・防塵性能も備えているため、お風呂で半身浴をしながらインターネットコンテンツを楽しむ、といった使い方も可能だ。

WUXGAディスプレイに高輝度・高精細な映像表現を得意とする「Reality Display」を採用し、「モバイルブラビアエンジン2」との組み合わせにより、映像コンテンツをより鮮やかに表現する。

カメラはソニー製裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for Xperia Tablet」を採用した810万画素カメラを搭載。暗い場所や逆光時での撮影にも強い。

また、バーチャルサラウンド技術が秀逸で、薄い本体でありながら、迫力のある音を出せる。NFC対応により、Xperiaスマートフォンや対応スピーカーなどの連携に優れる。

ソニーから詳細は明らかにされていないが、LTEが使えるということで、国内キャリアから発売される可能性が高い。1月22日にNTTドコモが春商戦向け新製品発表会を開催することもあり、先日、発表になったスマートフォン「Xperia Z」と共に詳細が発表されそうだ。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。